ロバート・トゥルージロとスコット・ウェイランドの息子たち、再び新バンド結成

ツイート

▲Suspect208「Long Awaited」(2020年)

ロバート・トゥルージロの息子Tye(B)とスコット・ウェイランドの息子ノア(Vo)が、新バンドBlu Weekendを結成し、6月27日初ライヴを行ったそうだ。

◆関連動画

2人は2020年、スラッシュの息子ロンドン・ハドソンとギタリストのNiko Tsangarisと共にSuspect208を結成したが、今年初めにノアが脱退。新シンガーを迎えたものの、バンドは5月に解散を表明した。

Blu WeekendはTye、ノア、Jackson Morris(Dr)、Anthony Laurie(G)から成り、27日、<iHollywood Film Fest>のアフター・ショウ・パーティでプレイしたという。Tyeは『The Blairing Out With Eric Blair Show』のインタビューで、Suspect208とBlu Weekendのサウンドの違いについて問われると「僕ら(Blue Weekend)はもっとパンクのヴァイブがあると思う。今夜のパフォーマンスはそうなる」と話している。

ロンドンとTsangarisは新プロジェクトS8NT ELEKTRICの活動をスタートさせており、Suspec208は2つに分裂したことになる。

Tyeはまた、フィールディが離脱するコーンの新ツアーへの参加が噂されているが、これについて質問されると「僕は準備ができている」「もし彼が興味あるなら、僕はプレイしたい」と話した。Tyeは2017年、12歳のときフィールディの代理でコーンの南米ツアーに参加した。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報