ニッキー・シックス、自身の「人生を変えた8曲」にエルトン、クイーン、ウイングスらを挙げる

ツイート

モトリー・クルーのニッキー・シックス(B)が、『Classic Rock』誌の特集で「俺の人生を変えた8曲」を明かした。

◆関連画像

それらは、クイーンの「Ogre Battle」、T・レックスの「Rip Off」、ウイングスの「Band On The Run」、Black Oak Arkansasの「Jim Dandy」、エルトン・ジョンの「Your Song」、ブラック・サバスの「Snowblind」、デヴィッド・ボウイの「Cracked Actor」、そしてモトリー・クルーの「Kickstart My Heart」だという。

シックスは、10代半ばで出会ったウイングスの「Band On The Run」(1973年)に関し、「俺の叔父はキャピトルの社長だったから、子供のとき数ヶ月ごとにレコードが送られてきた。このアルバムを受け取ったときのこと、はっきり覚えている。この曲を聴くのが止められなかった。この曲とアルバムは俺にとって完全にゲーム・チェンジャーだった。今に至るまでウイングスは俺のお気に入りのバンドの1つだ。マッカートニーは天才だ。当然だが」とコメントしている。

また、「Your Song」については「俺にとってはエルトンの最高傑作。今でも鳥肌が立つ」と、「Ogre Battle」は「俺にとってすごく重要な曲」と表している。



シックスは、この秋、「アイダホの農場で育った手に負えない少年Frank Ferannaが、どのようにして、革新的なロック・バンド、モトリー・クルーを結成するニッキー・シックスになったのか」を綴った新たな自伝『『The First 21: How I Became Nikki Sixx』を出版する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報