木村拓哉、シリアスなマクドナルド新CMに「これ、マックのCMじゃないよ!(笑)」

ツイート

木村拓哉の出演する日本マクドナルド株式会社の新テレビCM『スパビー&スパチキ「木村氏、同僚と」』篇が、7月6日(火)より全国で放送される。

日本マクドナルド株式会社は、7月7日(水)より『ちょいマック』の200円バーガーの新商品「スパビー(スパイシービーフバーガー)」を新レギュラー商品として全国のマクドナルド店舗にて販売。あわせて、「スパチキ(スパイシーチキンバーガー)」もさらに“旨辛”にパワーアップし、リニューアルする。

新CMは、「マック、みっっけ。」をテーマに展開している、働く大人の日常生活の中でマクドナルドという最高の寄り道場所を見つけ、おいしさ・お得さ・お手軽さを通してマクドナルドのバリューを再発見する喜びの瞬間を発信するテレビCMシリーズの最新作。

本シリーズでビジネスマン役を演じる木村は今回、同僚役の大森南朋と共に、社内の不穏な動きを察知。シリアスな面持ちで会話している最中に、「場所(と気分)を変えよう」と向かったマクドナルドで、気持ちが満たされて笑顔になっていく。

今回のCMのロケ現場は、窓の外に高層ビル群を望む大きな会議室。「常務が進めている例のプロジェクト、どう思う?」という木村のセリフからスタートする一連の流れは、巨大企業の中でうごめく不穏な空気を感じさせる社会派ドラマ然としたストーリーとなっている。

「場所を変えよう」と木村が大森を社外へ連れ出すところで監督から「カット!」の声がかかりファーストテイクを終えると、そのあまりにシリアスな展開に、木村からも思わず「これ、マックのCMじゃないよ!(笑)」の声が上がった。

木村と大森の会話のやりとりで、「スパビー」と「スパチキ」のスパイシーな旨さを表現する今作。大森の「……スパイ」と、続く木村の「シーッ!」で「スパイシー」となるのだが、シリアスな状況表現の効果を狙って、細かなカット割りと、精細なカメラアングル設定、監督からの微妙なセリフ回しのタイミング指示により、合計32テイク(テストを含めるとのべ35テイク)の「スパイ」「シーッ!」が撮影されたという。

■テレビCM情報

スパビー&スパチキ「木村氏、同僚と」篇(30秒、15秒)
放映開始日:2021年7月6日(火)
放送地域:全国(一部地域を除く)

・日本マクドナルド 公式ホームページ特設サイト
https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/choimc/

・マクドナルド公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/whatsupmcdonalds/featured
この記事をツイート

この記事の関連情報