ライブエンタメ従事者支援のための物販フェス、タワレコ渋谷で開催

ツイート

新型コロナウイルス禍で打撃を受けるライブエンタテインメント従事者支援のための期間限定ショップ<MUSIC CROSS AID GOODS FESTIVAL>が、7月8日から25日まで東京・タワーレコード渋谷店で開催される。

<MUSIC CROSS AID GOODS FESTIVAL>は、ライブに欠かせない定番のTシャツやタオルをはじめ、トートバッグ、キーホルダー、キャップ、バッジ、マグカップなど、総勢75アーティストの様々なオフィシャルグッズが一堂に会する“物販フェス”として展開されるショップインショップ。売り上げの一部は各プロダクションを通じ、音楽ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」へ寄付されるという。会場で税込2000円分以上購入すると、先着でオリジナルの「NO MUSIC, NO LIFE.ステッカー」がもらえる特典も用意されているそうだ。

一般社団法人 日本音楽事業者協会、一般社団法人 日本音楽制作者連盟、一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会の3団体が2020年6月に創設した「Music Cross Aid」では、公益財団法人パブリックリソース財団との提携によって法人・個人からの寄付金やAIDプロジェクト収益金を受け付け、ライブエンタテインメント産業を担う事業者・スタッフの現在とその未来を支援するための助成プログラムを実施している。

<MUSIC CROSS AID GOODS FESTIVAL>

開催場所 :東京・タワーレコード渋谷店 2階 催事スペース(11:00~20:00)
開催期間 :2021年7月8日(木)~7月25日(日)
入場料:無料
※新型コロナウイルス感染対策により店舗の営業時間が変わる可能性があります。
営業時間、店内における感染防止対策などの最新情報はタワーレコード公式サイトでご確認ください。
https://tower.jp/store

▼グッズ取り扱い予定アーティスト(※50音順)
amazarashi、ayutthaya、アルカラ、[Alexandros]、WEAVER、ウルトラ寿司ふぁいやー、AGE FACTORY、ACE COLLECTION、odol、折坂悠太、KANA-BOON、神はサイコロを振らない、KEYTALK、銀杏BOYZ、Crispy Camera Club、GRAPEVINE、Keishi Tanaka、go!go!vanillas、寿君、the telephones、The Birthday、The fin.、THE BAWDIES、Saucy Dog、サカナクション、本奨悟、さくら学院、Suchmos、THE ORAL CIGARETTES、the shes gone、ジェニーハイ、SHISHAMO、スキマスイッチ、Skoop On Somebody、SPiCYSOL、そこに鳴る、高槻かなこ、竹原ピストル、chelmico、ちゃんみな、teto、DENIMS、DEPAPEPE、Tempalay、TOTALFAT、TRI4TH、中村佳穂、Nulbarich、橋爪もも、秦基博、Panorama Panama Town、Perfume、BEGIN、BIGMAMA、FIVE NEW OLD、藤原さくら、flumpool、フレデリック、FLOW、BABYMETAL、Helsinki Lambda Club、Bentham、bonobos、牧野由依、三阪咲、MONO NO AWARE、モン吉、YAJICO GIRL、山崎まさよし、ユアネス、ユレニワ、ヨルシカ、LITE、LAMP IN TERREN、@onefive

※取り扱いアーティストは予告なく変更・中止となる場合があります。


注意事項:
・来場の際は必ずマスクを着用してください。
・感染症予防対策の観点で、入場方法などが変更になる場合があります。
・入店前には、必ず店頭備え付けの除菌スプレーで手指消毒を行ってください。
・会場内では他の来店者との距離を十分に空けてください。
・37度5分の発熱がある方は入場不可。
・エレベーター/エスカレーターは間隔を十分に取って利用してください。


この記事をツイート

この記事の関連情報