Snow Man、『Mステ』で「HELLO HELLO」披露。「思いっきり“初恋”しちゃってください!」

ツイート

Snow Manが本日7月9日(金)よる9時より放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』で、新曲「HELLO HELLO」を披露する。

「HELLO HELLO」はラウールが主演する映画『ハニーレモンソーダ』の主題歌で、運命的な出会いと共に“愛すること、愛されること”を知り、「愛」に出会えたことへの喜びを表現しているSnow Man初となるポップなラブソングだ。

ラウールは『ミュージックステーション』での披露に向けて、「映画ともリンクした、恋に落ちたときの男性の気持ちや様子を甘酸っぱく描いています。デビュー後初めてポップなラブソングを歌うので、明るくキャッチーな振り付けと爽やかで煌めきのある楽曲で視聴者の方を元気づけたいです」とコメント。

佐久間大介は「最後のサビの後にフリーダンスでそれぞれが踊るところがあって、そこのことを大会って呼んでいますので、個性豊かなSnow Manを見てもらいたいです」と見どころを明かした。

ポップな曲調の楽曲についても目黒蓮が「とてもさわやかで、今までのSnow Manにはないような楽曲なので挑戦の一曲でした」、阿部亮平が「甘酸っぱい恋が始まりそうなさわやかなラブソングです。Snow Manに思いっきり“初恋”しちゃってください!」と述べている。

さらに、深澤辰哉は「この楽曲を歌う時、自分は17歳の気持ちで毎回やらせてもらっています」、岩本照は「サビの振り付けがとてもキャッチーですので、ぜひ多くの方に真似して踊っていただきたいです」とコメントしている。

本日は映画『ハニーレモンソーダ』の公開日でもあり、ラウールは「一人でも多くの人に興味を持ってもらえるように良いパフォーマンスをします」と意気込みを。

目黒も「Snow Man初めてのポップなキュンとするパフォーマンス、楽曲なので、学生さんには今の青春を加速させられるような、そして大人の方には青春を思い出していただけるような……。幅広い方に楽しんでもらえたらうれしいです」と呼びかけている。

番組概要

■MC タモリ/並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)
7月9日(金)夜9時~

【出演アーティスト】
A_o「BLUE SOULS」
いきものがかり 3人が最後のMステで披露したい名曲
池田エライザ「Woman “Wの悲劇”より」
ENHYPEN「Given-Taken」
上白石萌音「世界中の誰よりきっと」
GENERATIONS「Make Me Better」
STUTS & 松たか子 with 3exes「Presence I (feat. KID FRESINO)」
Snow Man「HELLO HELLO」
Perfume「ポリゴンウェイヴ」
この記事をツイート

この記事の関連情報