『洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る』発売。来日公演の歴史を一冊に

ツイート

エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、KISS、エアロスミス、ボン・ジョヴィらと共に日本のロックコンサート文化を築いてきたウドー音楽事務所の半世紀以上にわたる歩みをまとめた書籍『洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る』が、7月29日に発売される。

ウドー音楽事務所は1967年の設立以来、50年以上にわたって海外アーティストを招聘し、日本におけるコンサート事業を牽引してきた。『洋楽ロック史を彩るライヴ伝説』には同社の招聘ヒストリーや当時のポスターなどの資料をはじめ、来日インタビューやライヴレポートの復刻記事、関係者らの証言、湯川れい子と東郷かおる子、伊藤政則による寄稿文なども掲載。当事者ならではのエピソードを交え、様々な角度から“洋楽ロック”の伝説と歴史に触れられる一冊になるということだ。

『洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る』

2021年7月29日(水)発売
A5版/256ページ/2,420円(税抜価格2,200円)

●当時の公演ポスターやライヴ写真を交えての招聘ヒストリー&エピソード
●ウドー音楽事務所初のロック公演CCRから、エリック・クラプトン、エアロスミスなど関係の深いアーティストの来日会見や来日インタビュー、ライヴ・レポートなどを復刻
●関係者の証言を織り交ぜたコンサート・プロダクションの進化を辿る読み物
●現場に携わったスタッフが明かすアーティスト秘話
●湯川れい子、東郷かおる子、伊藤政則、洋楽業界を代表する三氏による特別寄稿
●『あのとき私たちはそこにいた』忘れがたいライヴ体験──洋楽愛、ロック愛溢れる各界人に“忘れがたいライヴ”をアンケート。うじきつよし、浦沢直樹、喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、佐野史郎、SUGIZO、高嶋政宏、ピーター・バラカン、廣瀬 “HEESEY” 洋一(THE YELLOW MONKEY)他
●50年以上に及ぶウドー音楽事務所の招聘海外アーティスト公演全記録

取扱い:
全国の書店、CD店、オンラインショップ
ウドー会員サービス、UDO OFFICIAL GOODS SHOP(https://udoshop.jp/)でも販売予定
※詳細は後日発表
この記事をツイート

この記事の関連情報