KAT-TUN、後輩の美 少年主演『ザ・ハイスクール ヒーローズ』主題歌担当

ツイート

KAT-TUNの新曲「EUPHORIA」が、美 少年(ジャニーズJr.)主演ドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』の主題歌に決定した。

『ザ・ハイスクール ヒーローズ』はテレビ朝日×ジェイ・ストーム×東映が初めてタッグを組んだヒーロードラマ。「友情と団結」がメインテーマとなり、美 少年は学園を守るヒーローに変身する。主題歌「EUPHORIA」は疾走感あるクールなビートが印象的なダンスナンバーに仕上がっている。

KAT-TUN コメント

後輩である美少年の主演ドラマに、主題歌で関わらせてもらうことが出来て、とても嬉しく思っています。僕らの新曲「EUPHORIA」で ドラマを盛り上げることが出来ればという思いで楽曲制作に臨みました。僕たちも、7月31日からの放送を楽しみにしています。

テレビ朝日系 ドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』

2021年7月31日(土)スタート
毎週土曜 よる11時~深夜0時放送

[第1話あらすじ]
今年創立100周年を迎える、小中高一貫教育を行う由緒ある学園・五星学園(いつぼしがくえん)。今日も3年生の真中大成(岩﨑大昇)は、ヒーローの存在を夢見ながら学園生活を送っていた。
「秘密戦隊ゴレンジャー」をこよなく愛する大成は、学園の平和を守るべく、『学園防衛部』なる部を設立。部長を務めながら、ともにヒーローとなる残り5人の部員を日々勧誘し続けていた。
目下、大成が白羽の矢を立てようとしているのは、野球部のエースピッチャーで学園一の偏差値の持ち主・滝川雄亮(那須雄登)、バスケ部のエースで学園一の運動神経の持ち主・土門龍平(佐藤龍我)、ダンス部のスターで学園一の人気者・森村直哉(藤井直樹)の3人。実は大成は、3年連続で生徒会長を務める学園一のカリスマ・大浦飛馬(浮所飛貴)から、「部員が5人集まらなければ『学園防衛部』は廃部」と通告を受けていたのだ。

だがヒーローの存在など信じてもらえるわけもなく、バカにされるばかりだったある日、学園内で野球部3年の佐々木武が暴行されるという事件が起きる! 血だらけで倒れている佐々木の傍らに、手に血がついた雄亮が立っていたことから、周囲は雄亮が犯人だと推測。しかし大成だけは、学園に潜む“魔人”によるものではないかと考える。
10年前、小学生だった自身を襲った“黒十字魔人”と、その恐怖から救ってくれたヒーローの存在を忘れられずにいる大成。その事件後に、亡き父・大志(関智一)から言われた「人は心が弱って道を踏み外したとき、誰かを傷つける魔人になってしまう」「いざってときは学園の平和を守れる強い男になれ」という言葉が、今の大成の行動原理となっていたのだった。 

やがて大成は、報道部員の森村花(箭内夢菜)と、美術部員で人気の学生イラストレーター・桜井一嘉(金指一世)の協力を得ながら、野球部に潜むある問題を解明しようとするが…?
この記事をツイート

この記事の関連情報