モンキーズのミッキー、ジミ・ヘンドリックスとのツアーを振り返る

ツイート

意外な組み合わせだが、モンキーズは1967年、ジミ・ヘンドリックスと北米でツアーを行っている。ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスをオープニング・アクトに迎えるというアイディアはミッキー・ドレンツによるもので、彼はこのコンビネーションがピッタリだと思ったそうだ。

◆モンキーズ画像

ミッキーは、「彼(ヘンドリックス)は、歯でギターをプレイする素晴らしいギタリストとして知られていた」と、『Ultimate Classic Rock』に話した。「初めての世界ツアーでオープニング・アクトを探しているとき、僕は、当時の僕らのプロデューサーに“彼ら(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)はどうか?”って言ったんだ。彼らはすごくシアトリカルだったから。わかるだろ、モンキーズはシアトリカルだった。彼らはこのアイディアが気に入ったようだった。僕らも気に入った」

だが、オーディエンスはそうは思わなかった。「(ジミ・ヘンドリックスは)当時、あまりよく知られていなかった」上、彼らの過激なパフォーマンスは「12歳の女の子がほとんど」のオーディエンスには受け入れられず、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスが参加したのは7公演のみで終わったという。

しかし、モンキーズのメンバーはヘンドリックスとウマが合い、とくにミッキーとマイク・ネスミスは、ヘンドリックス本人と彼のパフォーマンスに魅了されたそうだ。ミッキーは、ヘンドリックスの人柄について「もの静かでシャイだった。ステージ上とは大違いだ。すごく静かで恥ずかしがり屋で、ストリート・キッズではあったが、ビジネスを含めいろいろな面でちょっとウブだった」と表し、「ジミ・ヘンドリックスはモンキーズ(とのツアー)があろうがなかろうが、成功していたのは間違いない。でも、僕はあれがちょっとした後押しになったと思いたいな」と話している。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報