【インタビュー】TK from 凛として時雨、10周年記念オリジナルライブを語る「ソロでしか生み出せなかったもの」

ツイート

■気付いた時に10年分のすべてが詰まっていて
■それは今の僕が思い描けるようなものではない

──「unravel」はTVアニメ『東京喰種トーキョーグール』のテーマ曲として、海外も含めた多くの人に聴かれ、ソロのキャリアにおけるひとつのターニングポイントになったかと思います。改めて、「unravel」という曲に対する思い入れや、海外でも広く聴かれていることの感想を教えてください。

TK:ターニングポイントっていうのは、きっと自分の中ではそんなにはっきりとないものなのかもしれません。もちろん、徐々に聴かれていって、海外のリスナーと自分の音楽を結びつけてくれたきっかけとして、ものすごく強いパワーを持っていますが、そういうものほど自分の感覚としてはシンプルで、自然だったりします。楽曲への向き合い方としてはどの作品に対してもそういった感じだからこそ、実感があまりないんですよね。でも純粋に嬉しいです。ソロがきっかけでバンドを知ってくれたりとか、知らない国の人に聴かれていたりとか、きっとそれって僕が欲しかったもののひとつな気がするんです。

──TKさんご自身の中では、10年の中でのターニングポイントを挙げるとしたらいつになりますか?

TK:あえて挙げるなら、(ピエール)中野くんが足を壊して、(凛として時雨が)活動を休止したタイミングなのかもしれないですね。つまり、ソロが始まるきっかけというか。もともとソロ活動というもの自体、僕の頭の中にあったものではないので、ものすごく偶発的にスタートして、最初はライブをやるとも思っていなかったですし。今インタビューに答えながら、当時もこの一年と同じような気持ちだったのを思い出しました。当たり前だったものがスッと絶たれたときに、自分に何ができるかを問われたような感じだったなって。そう考えれば、今もターニングポイントの真っ只中なのかもしれません。


──最新曲の「yesworld」とソロのスタートである「film A moment」はともに“世界”について歌われていますが、バンドを離れてソロで世界と対峙するということは、孤独な作業ですか? もしくは、その感覚は10年の中でどのように変化しましたか?

TK:3人であっても、サポートを携えて大所帯だとしても、感じる孤独はずっと思考の中にある気がします。「film A moment」の中で書いた“抱えきれないほど小さな自分”というのは10年という道の中でまだずっと続いてるんだと思います。

──次の10年で挑戦したいこと、達成したいことなど、これからの展望について教えてください。

TK:寝る前に心の中のTKに聞いておきます…(笑)。でも多分無いと思います。あるとすればこれからも目の前の音楽だけを追いかけ続けることでしょうか。気付いた時にそこに10年分のすべてが詰まっていて、それは今の僕が思い描けるようなものではないことを願っています。10年前の僕もきっとそう思っていたと思います。

取材・文◎金子厚武
撮影◎岡田貴之



■番組情報『TK from 凛として時雨 10th Anniversary Session presented by WOWOW』

2021年7月17日(土) 夜7:30~ <WOWOWライブ><WOWOWオンデマンド>
※WOWOWオンデマンドでは放送終了後から1週間アーカイブ配信
※アーカイブ配信はWOWOWオンデマンドでの無料トライアル対象外

Vocal & Guitar:TK
Bass:吉田一郎不可触世界
Drums:BOBO
Piano, Synthesizer & Chorus:ちゃんMARI (ゲスの極み乙女。)
Violin & Synthesizer:須原杏
Cello:内田麒麟

Guest Vocal:Salyu

番組サイト:https://www.wowow.co.jp/tk/
※ティザー映像公開中


◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報