Mummy-D(RHYMESTER)が「桑名マイスター」就任、三重県桑名市の魅力発信

ツイート

Mummy-D(RHYMESTER)が、三重県桑名市の魅力をPRする「桑名マイスター」に就任した。

◆PR動画

2019年度に、市の地域資源の魅力をテーマごとに発信する役割を担う「魅力みつけびと」を務めたMummy-D。これから3年間、桑名を知り尽くした「桑名マイスター」として桑名の魅力をさらに深堀りして発信していくという。

また、2021年度の「魅力みつけびと」に高山都が就任したことも発表されている。新型コロナウイルス感染症の影響により、就任発表にオンラインで参加した伊藤徳宇市長は「三重県の北部に位置する桑名市は、海川山に囲まれた自然と歴史・文化が残るまちです。木曽三川によって運ばれたミネラル豊富な水によって育ったハマグリは日本一の味です。ほかにもアサクサノリやもち小麦といった食通をうならせる食材もあります。高山さんが考案するメニューが今から楽しみです。」と語り、今後の活躍に期待を寄せた。



Mummy-D コメント

「魅力みつけびと」、任期が終わってちょっと寂しい思いをしていたところ入ってきた「桑名マイスター」就任の朗報!そんなのあったのね(笑)なんか少しエラくなったみたいで嬉しい。引き続き桑名贔屓、させて頂きます!

高山都 コメント

このたび、三重県桑名市の魅力を伝える“食”部門のアンバサダーに就任させていただきます。土地柄を生かした伝統のある食材たちを、いろんな角度から美味しい楽しい面白いを伝えられたらいいなーとワクワクしています。旅が恋しいこのご時世だからこそ、お取り寄せやレシピの再現やアレンジで、その土地の味わいが楽しめるんだという発信ができるように頑張ります!!
この記事をツイート

この記事の関連情報