ダニエル・ホー、ウクレレのプレイ動画を公開

ツイート

2017年2月に松本孝弘とアルバム『Electric Island, Acoustic Sea』を共作したウクレレ・アーティストのダニエル・ホーが、3曲の演奏動画をYouTubeに公開した。

公開されたのは「Ho’okahi」「Pua I Ka Ua」「Colors In Harmony」という3曲だが、使用されているウクレレは、国内外で使用アーティストが増え注目を集めているカリフォルニア発のウクレレブランドRomero Creations(ロメロ・クリエイションズ)から発売された「Daniel Ho ウクレレパック」のモデルだ。




「Daniel Ho ウクレレパック」はロメロ・クリエイションズ唯一となるパッケージ製品で、ダニエル・ホーのアイディアがふんだんに織り込まれたウクレレ本体のみならず、チューナー、ギグバッグ、ストラップといったアクセサリーが全てセットになっている、いわば全部入りのお買い得パックだ。エントリーモデルでありながら高品質な内容を誇り、その正確なピッチとヌケの良い心地よいサウンドは、公開された演奏動画からも存分に伝わってくる。

なお、現在はダニエル・ホーが監修した楽譜シートが3曲分追加されたパッケージが数量限定で登場しており、その3曲が今回YouTubeで公開された楽曲となっている。



Daniel Ho ウクレレパック

2019年6月発売
希望小売価格:30,800円(税込)
ロメロ・クリエイションズオリジナル形状のウクレレと周辺機材のパッケージ商品。2018年9月に国内発売が開始された『STコンサートシリーズ』の設計コンセプトを踏襲しつつ、装飾や仕様をシンプルにすることで、リーズナブルな価格を実現している。コンサートスケールを採用しながらもボディの容積はテナーウクレレと同等になっており、全長をソプラノウクレレと同等までコンパクトにすることで、音の豊かさ・演奏のしやすさ・持ち運びやすさの全てを実現している。チューナーやソフトケース、ストラップ、コード譜などのウクレレ入門者に嬉しいアクセサリーがセットになっているため、すぐにウクレレを始められる。

◆今年の夏はロメロでウクレレ始めよう!特設ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報