ポイズンのリッキー・ロケット、ワクチン接種後にコロナ感染

ツイート

ポイズンのリッキー・ロケット(Dr)は、数ヶ月前にワクチン接種を完了していたものの、最近、新型コロナウイルスに感染したという。しかし、ワクチンを受けたことを無駄だったとは思っていないそうだ。

◆リッキー・ロケット画像、動画

ロケットは火曜日(7月13日)、「ワクチン接種したのにCOVIDに!」と題したビデオ・メッセージを自身のYouTubeチャンネルに投稿した。「金曜日、息子とキャンピングカーで一緒に過ごしたんだ。そしたら翌日、彼に症状が現れた。午後に彼を病院へ連れて行き、検査を受けさせた。日曜日、陽性だと電話があった。俺は翌日、検査を受けた。陰性だった。1日早かったんだな。火曜日、結果を聞いたときには症状が出始めてた。だから、もう一度検査を受けたんだ。陽性だった」

「俺はワクチンを接種してた。終了してたんだよ。数ヶ月になる。これがデルタ株なのかどうかは知らない。でも俺が話した医者全員がデルタ株の特徴があると言ってた。君らは多分、“ワクチン受けてもCOVIDになるのか。バカみたい”って思ってるだろ。そんなことない。俺がなんでそう考えるかっていうと、(ワクチンを接種していなかったら)もっと酷いことになっていたはずだって知ってるからだよ。とくにデルタ株ならな」

5年前に癌を克服したロケットは、医師7人と話をし、これがデルタ株だと確信しており、「ワクチンを受けていなかったら、俺は大打撃を受けていただろう」と、接種していたことに安堵しているそうだ。




最近では、トリヴィアムのマシュー・キイチ・ヒーフィーもワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染したと明かしていた。ワクチンのおかげで症状が軽かったという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報