BOSS、ワイヤレス対応MIDIエクスプレッション・ペダルを発売

ツイート

BOSSが、ワイヤレスMIDIエクスプレッション・ペダル『EV-1-WL』を発売する。

『EV-1-WL』は、Bluetooth MIDIに対応したワイヤレスMIDIエクスプレッション・ペダル。電子楽器は、MIDI(Musical Instrument Digital Interface)の信号を通じて情報を機器間で送受信することで、さまざまな表現が可能になる。『EV-1-WL』は、エクスプレッション・ペダルの操作に連動してMIDIのコントロール・チェンジ信号を送信し、接続した電子楽器の音色変化や割り当てた機能を足元で操作することができる。

ボスのエレクトロニック・ギター「EURUS GS-1」や、ワイヤレス・パーソナル・ギターアンプ・システム「WAZA-AIR」をはじめ、Bluetooth MIDIに対応する電子楽器のコントロールをワイヤレスで快適に行うことが可能。また、USBやTRS MIDIケーブルを介してのMIDI送信にも対応し、PCでの音楽制作や、エフェクターの音色コントロールなど、さまざまな場面で活躍できる。


●ワイヤレスでのMIDIコントロールをペダルで操作しパフォーマンスの幅を拡大



『EV-1-WL』は、エレクトロニック・ギター「EURUS GS-1」のピッチベンド(音の高さの変化)やフィルター(音色の変化)をワイヤレスでコントロールでき、よりダイナミックな表現を可能にする。また、ヘッドホン型のギターアンプ・システム「WAZA-AIR」と組み合わせて、内蔵エフェクトのコントロールはもちろん、『EV-1-WL』にフットスイッチを追加してメモリーの切り替えなども足元で操作できる。ローランドのワイヤレスMIDIアダプター「WM-1」(別売り)を取り付けた電子楽器やMIDI機器との連携も可能になる。

●Mac、Windows PC、スマートフォンともワイヤレスで連携

Macやスマートフォン、タブレットなどとBluetoothでペアリング接続が可能。音楽制作においてMIDIコントロール・チェンジ情報をワイヤレスで送信し、ソフトウェア・シンセサイザーを操作できる。Windows PCには、ローランドのワイヤレスMIDIドングル「WM-1D」(別売り)を取り付けることで、『EV-1-WL』とワイヤレスで接続することが可能。

●USBやTRS MIDIケーブルでも接続可能


『EV-1-WL』は、USBやTRS MIDIの端子も装備。PCとのUSBケーブル接続や、MIDI端子を装備したエフェクターなどと接続してパラメーターをコントロールすることが可能。USBは、専用ドライバーのインストールは必要ない。

Bluetooth/USB/TRS MIDIの各MIDI出力には、個別のMIDIコントロール・チェンジを設定でき、接続先に応じた設定を保存可能。また、ボスのフットスイッチ「FSシリーズ」(別売り)を加えて最大2つまでコントロールを増設可能。『EV-1-WL』は、単3形乾電池(2本)もしくはボスのPSAシリーズ・アダプター(別売り)で動作する。

●MIDIコントロール・チェンジの割り当てをカスタマイズできるエディター・アプリ


『EV-1-WL』のペダル、つま先部のスイッチ、接続した外部フットスイッチ(最大2台)のMIDIコントロール・チェンジの割り当てをカスタマイズできるエディター・アプリ(iOS/Android対応)を用意。ペダル操作時の動作や、スイッチの効き方なども、好みの設定に調節することができる。


『EV-1-WL』主な仕様

外形寸法     :87(幅)×200(奥行)×62(高さ)mm
質量(電池を含まず):600g

関連リンク

◆製品詳細
この記事をツイート

この記事の関連情報