クレイマー、80年代ポップカルチャーにインスパイアされたカスタム・グラフィックの『Custom Graphics Collection』リリース

ツイート

クレイマーから、80年代ポップカルチャーにインスパイアされたカスタム・グラフィックの最新モデル『Custom Graphics Collection』が発売になる。

2021年夏の新製品としてリリースされる『Custom Graphics Collection』は、クレイマーのアイコニックモデル『The 84』と『Baretta(バレッタ)』を基に、80年代のポップカルチャーからインスピレーションを得たクレイマーのエネルギッシュなグラフィックがペイントされた限定コレクション。

『Custom Graphics Collection』には、様々なビジュアルアーティストやクレイマーのルシアーとのコラボレーションによりデザインされた、(アメリカのミニカー・ブランド)“ホット・ウィール”の車のきらびやかな炎、ヘビ革やヒョウ柄をあしらったレトロなデザイン、さらには映画「ゴーストバスターズ」に登場する有名な車“ECTO-1”のデザインなど、多岐にわたるグラフィックデザインが反映されている。

ギブソン・ブランズのブランド・ディレクターであるクリスタ・ギリーは以下のようにコメントしている。
「新たに発売されたクレイマーの『Custom Graphics Collection』は、クレイマーのアイコニックなデザインと80年代の歴史を讃えるものです。(ボディにペイントを施す)"カスタム・グラフィックス“は、クレイマーのファンに長く愛されてきましたが、今回発表された新しい6デザインによって、さらに人気が出ると思います。特にボー・ピットマン氏による "The Illusionist "やクリス・ステマー氏による "Viper "などは、現代のプレイヤーに向けた本物のクレイマー・コレクションです。」

クレイマーの最新『Custom Graphics Collection』は、『The 84』をベースにした“The Illusionist”(名称) 3D Black/White Swirl (フィニッシュ)、『Baretta』をベースにした“Hot Rod”(名称) Blue Sparkle with Flames(フィニッシュ)、“White Lotus”(名称) White Lotus Candy Blue (フィニッシュ)、“Feral Cat”(名称) Rainbow Leopard (フィニッシュ)、“Viper”(名称) Snakeskin Green Blue Fade (フィニッシュ)、“Danger Zone”(名称) Warning Tape on White Red (フィニッシュ)の全6モデルになる。


▲Baretta “Hot Rod”


▲The 84 “The Illusionist”


▲Baretta “Danger Zone”


▲Baretta“Feral Cat”


▲Baretta “Viper”


▲Baretta “White Lotus”

製品情報

Kramer Custom Graphic Collection (全6モデル)
【税込希望小売価格】143,000円(各モデル1本あたりの価格)
【発売開始時期】発売中

関連リンク

◆製品ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報