ウィロー、「Whip My Hair」ロック・ヴァージョンをプレイ中、ステージ上で髪を剃る

ツイート

ウィローが金曜日(7月16日)、ニュー・アルバム『lately I feel EVERYTHING』のリリースを記念し公開したライヴ・ビデオの最後で、アフロヘアにしていた髪を剃り、丸坊主になった姿を披露した。

◆ウィロー画像、動画

計10曲プレイしたこのライヴで、ウィローは、9歳のとき発表したデビュー・シングル「Whip My Hair」のロック・ヴァージョンをパフォーマンス。その終わりで、突如ステージ上に女性が登場し、ウィローの頭を剃り始めた。ウィローはその間、椅子に座り、ギターをプレイしており、全てが刈られたところで、ライヴは終了した。

ウィローはこのライヴで、ニュー・アルバムから「t r a n s p a r e n t s o u l」「Gaslight」「Lipstick」「don’t SAVE ME」「G R O W」などをプレイした。「G R O W」はアルバムに収録されたとおりに、アヴリル・ラヴィーンとトラヴィス・バーカーを迎えパフォーマンスされた。トラヴィスは「t r a n s p a r e n t s o u l」「Gaslight」にも参加している。

このライヴはビハインド・ザ・シーン、過去の映像なども含め、47分間に編集され、現在、Facebookで配信中。『lately I feel EVERYTHING』は、ウィローの4枚目のスタジオ・アルバムとなる。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報