ロバート・プラント、19ヶ月ぶりにライヴ活動再開

ツイート

ロバート・プラントが、今週月曜日(7月19日)、パンデミック後初、19ヶ月ぶりだったという公演を英国で開いた。

◆ロバート・プラント画像

ヴォーカリストのSuzi Dian、マンドリン/ギター・プレイヤーのTony Kelsey、バンジョー奏者のMatt Worley、パーカッション奏者のOli Jeffersonらと結成したSaving Graceとしてステージに立ち、自身の楽曲やゴスペル・ソング、リヴォン・ヘルムの「Move Along Train」、ドノヴァンの「Season of the Witch」、ロス・ロボスの「Angel Dance」のカヴァーなどを1時間半にわたりパフォーマンスした。

プラントは、「19ヶ月..」とつぶやき、その夜のタイムテーブルをSNSに投稿している。



Saving Graceはこれを皮切りにUKミニ・ツアーをスタートし、8月2日までに8公演を開く。市民館、小規模の劇場など地元に根差した会場でパフォーマンスするが、プラントは音楽活動を始めたときを思い出し「ちょっと感慨深い」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報