エリック・クラプトン、ワクチン接種証明を必要とする会場ではプレイしない

ツイート
Photo : Cooper Neill

エリック・クラプトンは、入場するのに新型コロナウイルスのワクチン接種証明書を必要とする会場でプレイするのを拒否するという。

月曜日(7月19日)、ボリス・ジョンソン英首相が、多くの人々が集まる会場やナイトクラブ等に入場するにはワクチン接種が完了していることを条件とする意向との声明を出したのを受け、クラプトンは自身の考えを明らかにした。

クラプトンは、5月にワクチン接種後の副反応について伝えたとき同様、建築家でロックダウン反対派のRobin Monotti Graziadei氏の『Telegram』のアカウントを通じ、声明を出した。

「2021年7月19日月曜日になされた首相からの声明を受け、道義上、僕自身からも声明を出さねばならないと感じている:僕は、差別されるオーディエンスが現れるようなステージではパフォーマンスしないと言いたい。全ての人が参加できる対策がなされるまで、僕は公演をキャンセルする権利を留保する」

英国ではこれまで、イアン・ブラウン、リチャード・アシュクロフトらも類似したコメントを発している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報