【ライブレポート】伊藤美裕、10周年記念ワンマンライブで14曲を熱唱

ツイート

伊藤美裕が7月23日、東京・二子玉川ジェミニシアターで<伊藤美裕 10周年サマーライブ>を開催した。

◆ライブ写真

34歳の誕生日を迎えた4月4日に東京・下北沢のCom.Cafe 音倉でバースデーイベントを、6月26日には、自身が気になるアーティスト1組をピックアップし、オリジナル曲を交えながら歌うカバーライブ<Miyu Sings!>の第1回目ライブ(エリック・クラプトン特集)を開催した伊藤。


7月23日は、10周年を記念したワンマンライブで、今回も新型コロナウイルス感染症対策を徹底して、客席もソーシャルディスタンスをとって限定50人のファンが詰めかける中、「今日は、東京オリンピックの開会式の日で、それを知っていてこの日と決めたのですが、ライブもできるのかなとすごくドキドキしていました。でも、今日この日を迎えることができてうれしく思っています。このジェミニシアターでライブをやるのは初めてなんですけれど、大阪から出てきて、初めて住んだのがこの近くでして、懐かしく思い出されました。私にとって始まりの場所で10周年のライブができるのは縁があるのかなと思ってこのステージに立っています。今日は、この10年で私が歌ってきた曲を1曲ずつお届けします」とあいさつ。


2019年7月24日発売の1stアルバム『AWAKE』収録曲で、自身が作詩した「It must be love.」(曲・南佳孝)をはじめ、第5弾シングル「COME ON! COME ON!」、第3弾シングル「北国行き11:50」、デビュー・シングル「六本木星屑(スターダスト)」、初披露の自作曲「Flight To you」、同じく『AWAKE』に収録の「Believer」など、アンコールを含めて全14曲を熱唱した。


その中で、「今日は、初めて自分の曲だけでライブがやれたので感無量です。この10年の間にはいろんな方との出会いがありました。その中のおひとりには、先日お亡くなりになった音楽プロデューサーの酒井政利さんがいらっしゃいますが、デビュー曲“六本木星屑”のコンベンションで“君には頑張ってほしい”というお言葉をかけていただき、その後、お会いしたときは“君は王道だ”と言っていただきました。またお会いしたかったのに、残念ながら先日お亡くなりになり、すごく寂しいです」と話していた。


そして、「この10年はたくさんの方に育ててもらったなと、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。これからもいろんなチャレンジをしながら自分の世界を確立していきたい」と、さらなる飛躍を目指していた。

◆伊藤美裕 特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報