【俺の楽器・私の愛機】377「ひょっとしたらプロトタイプかも」

ツイート

【Gibson ES-140】(茨城県 某氏 40代)


レスポールサイズのボディに3/4スケールのネックという小さなフルアコ、ES-140です。

シリアルスタンプもラベルもない為、正確な年式は分かりませんが、テイルピースがイレギュラー品(オリジナルはもっと短いタイプ)、ノブもGibsonの古いラップスティールと同じタイプが付いている事から、ひょっとしたらプロトタイプ的な物かも?と購入したお店では言われました。

購入時点でネック裏の塗装は完全に剥がれ、ボディ裏もボロボロでしたが、逆に気兼ねなく使えると判断し、購入しました。これが人生初Gibsonです。



入手動機が「オープンマイクで使える小ぶりなアコギが欲しい。なおかつピックアップが付いてたら、その後のセッションにも使えるかも」というものだったので、ブリッジはFISHMANのピエゾ内蔵タイプに変えています。ギター的にはフラット弦で甘いトーンを…という使い方が正しいのでしょうが、ラウンド弦でアコギ的な使い方というのも意外といけます。稚拙ながら、このギターを使ったライブの動画も貼らせて頂きます。(お客さんに隠れてギターは殆ど映ってませんが)


ピックガードの消えかかったサインは、偉大な音楽家、某細野さんから頂いたもの。10年前のあるイベント後に出待ちし、ド緊張しながらも少しお話をし、サインを頂きました。このギターは超ナローネックなので、風をあつめてetc、左手親指のフィンガリングが肝な某細野さんの曲を弾くのに、丁度良いんです。



   ◆   ◆   ◆

朴訥とした見た目から想像できる期待通りのサウンドがいいですね。でもピッキングのタッチ次第で音量もニュアンスも自在になるような頼れる表現力が大きな魅力に思えます。スケールが3/4ですから、アコギ弦くらいのゲージがちょうどいいのかもしれませんね。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報