レーナード・スキナードのゲイリー・ロッシントン、緊急の心臓手術から回復中

ツイート

レーナード・スキナードは、ゲイリー・ロッシントン(G)が緊急の心臓手術を受け、回復の途にあることを明かした。

◆レーナード・スキナード画像

バンドは先週木曜日(7月22日)、<Twin Cities Summer Jam>フェスティバルに出演した際、「ロッシントンは心臓にステントを入れなくてはならなくなった」と手術について言及した後、Facebookに声明を出し、ロッシントンはいま自宅で休養しており、完治が見込まれていると伝えた。

レーナード・スキナードは最近、ツアー活動からの引退を撤回し、先月中旬に北米で新ツアー<Big Wheels Keep On Turnin’>をスタートしたばかりだった。ツアーは11月まで予定されており、バンドはロッシントンの願いを聞き入れ、公演は中止せず、『Ultimate Classic Rock』によるとDamon Johnsonを代理に迎え、プレイしていくという。




ロッシントンは2015年に心臓発作に襲われ、2019年夏には心臓弁の置換手術を受けていた。

バンドは、ロッシントンや彼の家族のために早期の回復を祈る言葉やポジティブなメッセージを残してほしいとお願いしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報