ギブソン、ギブソン・ジェネレーション・グループのオンライン卒業イベントの模様を公開

ツイート

ギブソンが、新世代のプレーヤーをサポートする2年間のプログラム第1回“ギブソン・ジェネレーション・グループ(G3)”のオンライン卒業イベントをGibson TVで公開した(https://youtu.be/4h6cyNyknHg)。

第一回(2019年~2021年)の“ギブソン・ジェネレーション・グループ“には、中国、フランス、インド、日本、オランダ、ノルウェー、イギリス、スペイン、アメリカから、さまざまな音楽ジャンルの才能豊かな若手ミュージシャンが参加。日本からはギブソンJ-45を愛用する新進気鋭のシンガーソングライターみゆなが選ばれ、これまで様々なコラボレーションに参加した。


“ギブソン・ジェネレーション・グループ(G3)“のオンライン卒業式では、才能のある18人のメンバーそれぞれによるオリジナルのパフォーマンスと共に、史上初のG3クラスの一員としての経験と成果を紹介。

ギブソン・ブランズのエンターテイメント・リレーションズでG3 プログラムの統括責任者を担当しているジェニー・マーシは、次のようにコメントしている。
「今回の2019年に始まった第1回のG3クラスは、“ギブソン・ジェネレーション・グループ“が今後どのようになっていくかを形成する上で、実に重要なものでした。G3アーティストは今やギブソン・ファミリーの一員であり、彼らの成長を楽しみにすると共に、引き続き彼らの成功へ向けて応援していきます。」

“ギブソン・ジェネレーション・グループ(G3)”は、ギブソンの各アーティストリレーションチームから、音楽キャリアアップのためのプログラムやサポートを受けながら、音楽業界におけるより強いコネクションを構築していく、才能あるミュージシャン達によるグローバルな集団。さらにG3メンバーは、音楽界のスーパースターやブランドパートナーと演奏する機会や、グローバルなキャンペーンへの参加、コンテンツの作成、世界中で何億人ものオーディエンスを獲得できるプロモーションに参加できるなど、様々な活動が用意されている。


シンガーソングライターみゆなは、配信1stシングル「ガムシャラ」と配信2ndシングル「天上天下」が、デビュー前のアーティストとしては異例の、TV アニメ『ブラッククローバー』第5クール オープニング&エンディングテーマに抜擢。2019年2月 1stミニアルバム『眼』リリース。「FUJI ROCK FESTIVAL’19」に出演。2019年9月にリリースした2ndミニアルバム『ユラレル』のリード曲「ユラレル」が9月20日公開の映画『見えない目撃者』の主題歌に。さらに2019年11月、初のワンマンツアー「みゆな TOUR 2019 -ユラレル-」を5都市で開催。全公演ソールドアウトした。10月28日、自身3枚目となるミニアルバム『reply』をリリースするなど、注目が集まっている新進アーティストだ。

この記事をツイート

この記事の関連情報