【俺の楽器・私の愛機】385「気が付けば人生の半分を一緒に過ごしてきたギター」

ツイート

【Fender USA American Vintage Telecaster 52 reissue】(山口県宇部市 照焼きテリーマン 40歳)


2000年製のFender USA American Vintage Telecaster 52 reissueです。20年前の大学時代、当時行きつけだった楽器屋さんに入荷したところに居合わせ、試奏第一号となりました。弾いた瞬間にネックに伝わる振動に圧倒され、その鳴りの良さもさることながら、運命的な物を感じ、年末年始バイトに明け暮れて稼いだバイト代で購入しました。

この時事件が有りまして、ギターの代金を払った帰りに当時乗っていた原付バイクを事故で廃車にしてしまったのです。大学やバイトに通うのために原付バイクを再購入するのがベストですが、予算はギターを買ってしまい有りません。よっぽどギターをキャンセルしようかと考え、楽器屋さんのオーナーとも相談したりしましたが、結局どうにかお金を工面して原付バイクも再購入し、ギターも無事に我が家に来ることができました。おかげでギターとバイトに明け暮れる日々となり、大学も一年増えることになる訳ですが。なお、この時に車を出してくれてギター購入を後押ししてくれた軽音楽部の先輩は未だに付き合いのある大事な友人であります。


この52年タイプのバタースコッチブロンドに黒ピックガードのテレキャスター、色々なプロが使用していますが、私の中イメージではやはりラリー・カールトンです。一般的なテレキャスターのチャキチャキとしたイメージとはまったく異なる、非常に艶やかなトーンが印象的なプレイを魅せていました。というわけで、今は無き福岡ブルーノートでライブがあった時にこのギターを抱えて行き、ケースにサインして貰ったのでした。今考えると途轍もなく畏れ多いことで、認めたくない若気の至りとはまさにこの事かと思うのでした。

さて、ギター自体の話になります。使用木材はメイプルネック&2Pアッシュボディです。非常に当たりの木材を使ってあったようで、製造から20年経って枯れてきた今、ますますギター全体で鳴るようになってきています。

元のままのスペックでは少々使いづらく私の腕では真価を発揮するに至らなかったので、何のためのリイシューモデルかわからなくなりますが、ネックと電気系には大きく手を入れてあります。ネックはフレットを打ち替える時にツバ出しの22フレットにして、指板のRも184Rから270Rに修整しました。

ピックアップはJoe Bardenの初期型のDanny Gattonモデルのネックとブリッジ、ストラト用のネックミドルモデルをセンターに追加したスリーピックアップ仕様にして、4回路5接点スイッチで前からフロント、センター、フロント+リア、センター+リア、リア、とテレの組み合わせにストラトのオイシイ音も出せる徳武弘文さんのモデルと同様の組み合わせにしてあります。このピックアップは非常に艶やかでハリのある音がします。お気に入りのポジションはセンターです。

ハードウェアもSPERZELのTrim-LokとJoe Bardenのブリッジに変更してチューニングの安定化を図っています。

ボディの鳴りとピックアップの艶やかさが相まって、レスポールに近い太さの中に芯のある音になっています。

組み合わせるエフェクターはMXR Dynacomp、VOX V810 Valvetone、ERNIE BALL VP JR 25k、Korg DT-7、BOSS CH-1ピンクラベル、ARION SAD-3です。

アンプはMESA boogieのDual Rectifier Blue AngelのヘッドアンプにスピーカーキャビネットはBuzz feiten design 212です。クリーンの暖かみ、奥行き、解像度、音圧、どれを取っても人生観が変わるレベルで、このアンプのために自宅を新築する時に防音室を製作しました。

ここぞという時には一番頼りになるギターで、大一番のステージを何度も乗り越えさせてくれた心強い相棒です。何本もギターを用意できないアマチュアでは一本で色々なジャンルにあわせられる素直な音色と、落としても倒しても壊れない頑丈さは、この上ないメリットなのでした。


   ◆   ◆   ◆

鉄壁のセットアップ完了済ですね。ギター本体もさることながら、エフェクターからアンプまで高品質でフレキシブルなサウンドがいつでも出せそうな状況が見て取れます。鳴りのいいテレキャスこそ、全エレキギターの中で最も芯のあるぶっとい音が出ますから(私はそう実感している)、それを手にした人は最強のギターサウンドを手にしたも同然。ましてやそのセットアップならストラト的ハーフトーンもいけそうなので、もう無敵状態ですね。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報