メタリカ、映画『ジャングル・クルーズ』内に「Nothing Else Matters」新ヴァージョン

ツイート
Photo by Anton Corbijn

ディズニーの最新アドベンチャー映画『ジャングル・クルーズ』の中で、メタリカの代表曲の1つ「Nothing Else Matters」の新ヴァージョンが流れるという。

◆メタリカ画像

メタリカは、アメリカでの公開が始まる前日(7月29日)、映画の予告編をTwitterに投稿し、「明日、劇場かDisney+ Premier Accessでジャングル・クルーズを観ようと思ってる? 全く新しく異なるヴァージョンの“Nothing Else Matters”をしっかり聴き取って。映画の中で2回流れる!」とつぶやいた。

メタリカは、映画音楽作曲家のジェームズ・ニュートン・ハワードとコラボレーションし、彼のアレンジメントのもと、アマゾンでの冒険にピッタリだと思うこの新ヴァージョンを制作したという。同曲を含むサウンドトラック・アルバムが金曜日(30日)にダウンロード/ストリーミング・リリースされる。

『ジャングル・クルーズ』は日本では1日早く、木曜日(29日)に劇場公開されている(ディズニープラス プレミア アクセスでは30日~)。



メタリカは、「Nothing Else Matters」が収録されたアルバム『Metallica(ブラック・アルバム)』の30周年を記念し、9月にリマスター盤と53アーティストによるカバー・アルバム『The Metallica Blacklist』の2作品をリリースする。

『The Metallica Blacklist』では、デペッシュ・モードのデイヴ・ガーン、マイ・モーニング・ジャケット、カントリー歌手のクリス・ステイプルトン、マイリー・サイラス feat. ワット、エルトン・ジョン、ヨーヨー・マ、ロバート・トゥルージロ、チャド・スミスらが「Nothing Else Matters」をカバー。ジャンルも世代も異なる様々なアーティストたちによる計12ヴァージョンが収録される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報