ジャーニー、ドラマーのディーン・カストロノヴォが復帰し、ダブル・ドラマーに

ツイート

2015年に脱退したドラマーのディーン・カストロノヴォが、ジャーニーに再加入したという。現ドラマーのナラダ・マイケル・ウォルデンと、Wドラム体制になるそうだ。

◆ジャーニー画像

ギタリストのニール・ショーンは、月曜日(7月26日)、リハーサルで撮影したドラムが2セット並ぶ写真をTwitterに投稿し、「Ok... ダブル・トラブル・シカゴ @NaradaMWalden @DeenTheDrummer ナラダ・マイケル・ウォルデンとディーン・カストロノヴォの復帰 @AragonBallroom @lollapalooza」とつぶやいた。

その後、驚いたファンから「カストロノヴォはフルタイムでバンドに戻ったのか?」と問われると、ショーンは「イエス」と答え、「ディーンが戻った。僕らはいま、ナラダとダブル・ドラマーだ」「2人ともプレイする!!! これまで君らが聴いたことがないジャーニーだ!!!!」と付言したという。

カストロノヴォは木曜日(29日)、「Aragon Ballroomに向け、準備中! ダブル・トラブル!! シカゴ、やろうぜ!!」とつぶやいている。





ジャーニーは、7月29日にAragon Ballroom、31日に<Lollpapalooza>フェスティバルと、シカゴで2回パフォーマンスする。この夏は、ほかにニュージャージー州、ニューヨーク州、ラスベガスなどで5公演が予定されている。

ジャーニーは6月終わり、ニール・ショーン(G)、ジョナサン・ケイン(Key)、アーネル・ピネダ(Vo)、ランディ・ジャクソン(B)、ナラダ・マイケル・ウォルデン(Dr)、Jason Derlatka(Key)という、2020年に発表したラインナップによる初のシングル「The Way We Used Be」をリリースした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報