スクイッド、ライブ音源を収録した最新EP『Near The Westway』8月27日発売

ツイート

大学在学中の2015年にイギリスのブライトンで結成された、オリー・ジャッジ (ドラム & リードボーカル)、ルイス・ボアレス(ギター&ボーカル)、アーサー・レッドベター(キーボード、弦楽器、パーカッション)、ローリー・ナンカイヴェル (ベース&ブラス)、アントン・ピアソン(ギター&ボーカル)から成る5人組バンド、スクイッド。

◆スクイッド 関連画像

デビュー作『Bright Green Field』が全英チャートを席巻し話題となった彼らが、ライブ音源2曲を収録した最新EP『Near The Westway』を2021年8月27日(金)に発売することが決定した。

EPにはデビュー・アルバム『Bright Green Field』に収録された「2010」と「DFM」をバンドが再構築したライブ音源を収録しており、レコード・ストア・デイに超限定で先行発売され即完売 となっていたEPの待望のオフィシャル・リリースとなる。

ミニマル・ミュージックの伝説、スティーブ・ライヒの影響を強く受けた楽曲のアレンジを発展させるために、バンドはホーンとストリングスを追加したという。ファン必携の最新EP『Near The Westway』は8月27日発売だ。

『Near The Westway』

2021年8月27日(金)
WARP RECORDS
BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=12015

■TRACKLISTING
A1. 2010 (Live at Metropolis)
B1. DFM Extended Edition (Live at Metropolis)

◆Beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報