evening cinema、原田夏樹が<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>にが不朽の名曲を現代へと繋ぐアレンジプロデューサーとして参画決定

ツイート

四人組ポップスバンド“evening cinema”のフロントマンでありコンポーザーの原田夏樹が、世界最大のアイドルフェス<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>(以下、「TIF」)のオーディション企画「歌うまいアイドル決定戦」にてアレンジプロデューサーとして参画することが決定した。

◆evening cinema 関連画像


「歌うまいアイドル決定戦」は、「もっと歌いたい! TIFのステージで。今年は、プラス1ステージ 自分一人で歌えるチャンス!」をテーマに<TIF2021>出演のアイドルを対象に開催されるもの。

▲原田夏樹

勝ち抜いたアイドルが当日のスペシャルステージで披露する不朽の名曲をアレンジする。楽曲は、「悲しみよこんにちは(斉藤由貴)」「人魚(NOKKO)」「木綿のハンカチーフ(太田裕美)」。原田夏樹(evening cinema)は、インドネシア人YouTuber レイニッチとのカバーコラボで、松原みき「真夜のドア~stay with me」をはじめとしたアレンジを手がけ裏方の立役者として話題を集め、今注目の若手アーティストだ。原田夏樹が名曲を世界最大級のアイドルフェスに向けてどのように新たな息を吹き込むのか注目したい。


<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>

2021年10月1日(金)、2日(土)、3日(日)
お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT

◆<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021> オフィシャルサイト
◆evening cinema オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報