ギブソン、カーク・ハメットとのパートナーシップを発表

ツイート

Photo by Ross Halfin

ギブソンは、メタリカのカーク・ハメットと公式にブランド・パートナーシップを締結したことを発表。ギブソンやエピフォンのギターを含むギブソン・ブランズ全体で展開されることになった。

●カーク・ハメット コメント
「ギブソンとパートナーシップを結ぶことになったのは、私にとって本当に素晴らしくエキサイティングなことです。今後、様々な素晴らしいコラボレーションを実施していくことを楽しみにしています」

●ギブソン・ブランズ ブランド・プレジデント セザール・グイキアン コメント
「世界的なギターアイコンであるカーク・ハメットを、ギブソン・ファミリーに迎え入れることができて光栄です。カークは何十年もの間、ハード・ロックとヘヴィ・メタルの旗手として活躍してきましたが、彼は長きにわたるギブソンのユーザーであり、彼のギターは彼のサウンドをこれまでずっと支えてきました。彼が最初に手にした1979年製Flying Vから”Greeny(グリーニー)”と呼ばれるレスポールまで、すべてのギブソンギターはカークのサウンドに不可欠な要素となっています。ギブソンのスタッフ一同、このコラボレーションを楽しみにしており、新しいパートナーシップを始めてくれたことに感謝しています」


カーク・ハメットは“モンゴメリー・ワード“ストアのカタログに載っていたギターで演奏を始めた時から、78年製のフェンダー・ストラトキャスターでジミ・ヘンドリックスのバイブを感じ、その後ギブソン・フライングVやレスポール、そしてカスタマイズされたESPへと、プロギタリストとしての道を様々なギターと共に歩んできた。カーク・ハメットがギターに精通していること言うまでもなく、1985年製のジャクソン ランディ・ローズ フライングVや、かつてピーター・グリーンやゲイリー・ムーアが所有していて“Greeny(グリーニー)”という名前で有名なギブソン 1959 レスポール スタンダードなど様々なギターを演奏。メタリカが2021年に結成40周年を迎えるにあたり、カーク・ハメットがこれらのギターを使用した情熱的なプレイを見ることができるだろう。

この記事をツイート

この記事の関連情報