【ライブレポート】GLAY、特別な夜にTHE PREMIUM MALT’Sスペシャルコラボライブ開催

ツイート

1999年7月31日にGLAYが約20万人を動員した伝説のライブ<GLAY EXPO ’99 SURVIVAL>より、7月31日はGLAYの日と呼ばれるようになった。今年2021年はその特別な夜に、<GLAY×THE PREMIUM MALT’S The Premium Live>と題したスペシャルなコラボライブが開催された。本公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆ライブ画像

  ◆  ◆  ◆

サントリー ザ・プレミアム・モルツシリーズの期間内購入者限定で配信された今回のライブは、緊急事態宣言を考慮し、会場には450人を招いた。そんな特別な一夜限りのステージは、「LAYLA」で幕を開けた。「グロリアス」「SOUL LOVE」など名曲を披露した後、「TAKUROからデモが届いて聴いたとき、本当にいい曲で、僕のお気に入りです。」とTERUが語ると、8月18日(金)にリリースされる59枚目のシングル「BAD APPLE」を初披露。丁寧に歌い上げるTERUの姿にファンも聴き入る。

「遂にツアーが始まります。このツアーを目標に、みんなで頑張っていきましょう。」と待望のアリーナツアーの話に触れると、曲は7月30日(金)に配信リリースされた「BETTY BLUE」へ。ゲストボーカルとして楽曲に参加しているAwesome City Club・PORINのパートを担当するTAKUROが「このパートはみんなに歌ってほしいんです。そんな願いを込めて、今日は俺が歌う!」と意気込む。そしてファンもその気持ちに応え心の中で歌っているかのような一体感を感じた。


ここから一気にラストスパートへと入り、会場のボルテージはMAX状態。ファンが手を振るなどで盛り上がる中、HISASHIもマイクを握り「ROCK ACADEMIA」で幕を閉じた。配信はここまでだったが、会場ではアンコールでさらに4曲披露。まさに“The Premium Live”の名に相応しいライブだったと思う。8月のシングル、10月のアルバムに加え11月からアリーナツアーも発表されたGLAY。止まることのない彼らの活動から目が離せない。

なおBARKSでは、本公演のオリジナルライブレポートを公開中。こちらもあわせてチェックしてほしい。

◆【ライブレポート】GLAYの日にピースフルで“Premium”な一夜を

セットリスト

プレイリスト:https://lnk.to/THEPREMIUMMALTS_ThePremiumLivePR

M01.LAYLA
M02.グロリアス
M03.SOUL LOVE
M04.Angelus
M05.BLAST
M06.BAD APPLE
M07.HOWEVER
M08.空が青空であるために
M09.BETTY BLUE
M10.the other end of the globe
M11.誘惑
M12.彼女の“Modern…”
M13.FRIED GREEN TOMATOES
M14.ROCK ACADEMIA
M15.GIANT STRONG FAUST SUPER STAR
M16.DOPE
M17.KISSIN’ NOISE
M18.Chelsea

この記事をツイート

この記事の関連情報