ZZトップ、ダスティ・ヒルの妻「話している最中、彼は突然、逝ってしまった」

ツイート

先週(7月28日)急逝したZZトップのダスティ・ヒル(B)の妻で女優のCharleen McCroryさんが、バンドのFacebookに声明を出し、ダスティ家のもとに寄せられる愛や支援に感謝し、彼が亡くなったときの状況を説明した。

◆ZZトップ画像

亡くなる数日前にツアーを離脱したヒルは、慢性滑液包炎の治療を受け、9月にはツアーに復帰する予定だったという。Charleenさんは「彼は、私やあなた達の元を離れるつもりはなかった。彼も私もそんなこと計画していなかった。慢性滑液包炎を改善するため、別の理学療法、別の取り組みをしてみようっていうのが計画だった。9月にツアーに戻る計画だった」と綴っている。

そして、「水曜日朝早く、私の世界、あなた達の世界から偉大なミュージシャンがいなくなってしまった。私は最大の愛を失った。彼は、私を起こし、私たちお喋りしてたの。私に優しく話しかけていた彼は、突然、喋るのを止め、一瞬のうちに逝ってしまった」と、ヒルの死について明かした。

夫宛のメッセージも公開し、「あなたと恋に落ちたのは、私の人生で唯一最も素晴らしい出来事。あなたからのプロポーズは、私の人生で受け取った唯一最も素敵なプレゼント」と、ヒルに対する深い愛を表明した。

この声明によると、ダスティ・ヒルは現地時間8月3日に埋葬されるという。



ZZトップはヒルの願いを受け入れ、ギター・テックを代理に迎え、7月30日にツアーを再開した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報