トム・モレロ、B・スプリングスティーンとE・ヴェダーをフィーチャーした「Highway To Hell」公開

ツイート

トム・モレロが、10月にリリースする新ソロ・アルバム『The Atlas Underground Fire』からブルース・スプリングスティーンとエディ・ヴェダーをフィーチャーしたAC/DCの「Highway To Hell」のカヴァーを公開した。

◆トム・モレロ画像、動画

モレロは、「“Highway To Hell”の僕らのヴァージョンはAC/DCへのオマージュだ…この伝説の曲を未来へ」「史上最強のロックンロール・ソングの1つを、史上最高のロックンロール・シンガー2人が歌った。そして、僕はシュレッディングなギター・ソロを投入している」と、コメントしている。

彼は7月末、「1979年の今週、AC/DCの『HIGHWAY TO HELL』がリリースされた。史上最高、最もパワフルでカッコいいロックンロール・アルバムの1つだ。このアルバム、とくにタイトル・ソングはロックの歴史の頂点だ」とつぶやいていた。






2018年に発表した『The Atlas Underground』の続編となる『The Atlas Underground Fire』には、スプリングスティーン、ヴェダーほか、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、ダミアン・マーリー、マイク・ポズナー、クリス・ステイプルトン、リフューズドのDennis Lyxzenらがゲスト参加している。

収録曲は以下のとおり。
1. 「Harlem Hellfighter」
2. 「Highway to Hell」 featuring ブルース・スプリングスティーン&エディ・ヴェダー
3. 「Let’s Get The Party Started」 featuring ブリング・ミー・ザ・ホライズン
4. 「Driving to Texas」 featuring Phantogram
5. 「The War Inside」 featuring クリス・ステイプルトン
6. 「Hold The Line」 featuring grandson
7. 「Naraka」 featuring マイク・ポズナー
8. 「The Achilles List」 featuring ダミアン・マーリー
9. 「Night Witch」 featuring phem
10. 「Charmed I’m Sure」 featuring Protohype
11. 「Save Our Souls」 featuring Dennis Lyxzen(リフューズド)
12. 「On The Shore Of Eternity」 featuring Sama’ Abdulhadi

10月15日にリリースされる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報