ゆず、“伝説の豪雨ライブ”を映像作品化

ツイート
▲Blu-ray/DVD『LIVE FILMS 二人参客』

ゆずが、2015年8月15日・16日の2日間にわたり開催した野外ライブ<ゆず 弾き語りライブ2015 二人参客 in 横浜スタジアム>を映像作品化し、Blu-ray/DVD『LIVE FILMS 二人参客』としてリリースすることが決定した。ファンの間で“伝説の豪雨ライブ”と語られてきたライブが、6年の時を経てついに初映像化される。

同ライブは、2015年の8月15日・8月16日の2日間、神奈川・横浜スタジアムにて開催された野外ライブ。開催当時、横浜スタジアムでのゆず単独有料公演は、2000年の<夏の野球場ツアー2000 満員音(楽)礼〜熱闘!Bomb踊り〜>以来、およそ15年ぶりだった。“弾き語りライブ”と銘打ち、一部を除く演奏楽曲をすべて2人のみの弾き語りスタイルで敢行。1日目を「緑の日」、2日目を「黄色の日」と命名し、2日間で約6万人を動員。それぞれのカラーTシャツを着たファンが集まり、会場一体が緑・黄色に染まった。

なかでも2日目の「黄色の日」は、序盤から降り出した雨が勢いを増し、中盤に披露した「友達の唄」歌唱時には視界が遮られるほどの豪雨に。途中断念も危ぶまれるなか、なんとかライブは続行。後半に突入すると、“もうすぐ雨は通り過ぎるから”という歌詞がある「向日葵ガ咲ク時」の歌唱から雨が弱まりはじめ、「ワンダフルワールド」歌唱時に雨が止み、次に披露した「虹」では観客全員で“雨上がりの空に そっと架かる虹の橋”をシンガロング。演奏楽曲とリンクしたドラマチックな展開に、以降ファンの中で“伝説の豪雨ライブ”として記憶されていた。

『LIVE FILMS 二人参客』は、その伝説のライブとなった「黄色の日」の模様をノーカットで完全収録。豪雨によってカメラとマイクが一部故障したことから、当初映像作品のリリースは想定されていなかったが、ファンの間で映像化を望む声がいまなお途切れないことから、現存する映像素材を元に編集を行い発売が決定。2015年にリリースされた同公演のライブCDには収録されなかった、若手クリエイター集団・渋家(シブハウス)とのコラボレーションコーナー「柚渋メドレー」も収録されるなど、まさに完全版といえる映像作品が完成した。

なお本作は、ファンクラブ「ゆずの輪」会員限定商品として販売。8月16日(水)18:00より受注がスタートする。

Blu-ray/DVD『LIVE FILMS 二人参客』

■Blu-ray
PPTF-7059/6,600円(税込)
■DVD
PPTF-1040/5,500円(税込)

※完全受注生産
※YUZU Official Storeにて、2021年8月16日(月)18:00より受注スタート
※ファンクラブ「ゆずの輪」会員限定商品

[収録曲
1.センチメンタル
2.ところで
3.心の音
4.ねこじゃらし
5.流れ者
6.もうすぐ30才
7.連呼
8.ジャニス
9.友達の唄
10.柚渋メドレー(岡村ムラムラブギウギ / する〜 / イロトリドリ / LOVE & PEACH / いちご / 向日葵ガ咲ク時 / ワンダフルワールド)
11.シシカバブー
12.虹
13.夏色
14.二人三脚
15.終わらない歌
16.少年
17.栄光の架橋

この記事をツイート

この記事の関連情報