ギブソン、“ギブソン・ジェネレーション・グループ”第2期メンバーを発表

ツイート

ギブソンが、新世代のギタープレーヤー、ソングライター、音楽クリエーターをサポートする2年間のプログラム、“ギブソン・ジェネレーション・グループ(ギブソンG3)”の第2期(2021年~2023年)メンバーをオフィシャルサイトに発表。日本からは18歳のシンガーソングライターの“れん”が選出された。

ギブソンG3は、世界各国から選出された才能ある若いミュージシャン達のグループで、ギブソンの各アーティストリレーションチームから、音楽キャリアアップのためのプログラムやサポートを受けながら、音楽業界におけるより強いコネクションを構築していくことを目指している。ギブソンG3メンバーは、音楽界のスーパースターとの共演やブランドパートナーや各種イベントなどでの演奏機会も得ることができるほか、グローバルなキャンペーンへの参加、コンテンツの作成、世界中で何億人ものオーディエンスを獲得できるプロモーションに参加できるなど、様々なプログラムが用意されている。

●ギブソンG3 プログラムの統括責任者ジェニー・マーシ コメント
「ギブソン・ジェネレーション・グループのプログラムが、この新しいメンバーと共にさらに発展していくことをとても楽しみにしています。私たちは、彼らをギブソンのグローバルなファンの皆様に紹介するのが待ちきれません。ギブソンG3プログラムは、私たちギブソンの全てのスタッフにある、音楽に深くかかわっていこうとするアーティスト・ファーストの考えに基づいています」

ギブソンは、この2年半の間に、アイコニックでプレミアムなギターブランドとして、アーティスト達と様々な音楽関連のプログラムを成功させてきた。その中には、ギブソンのアーティスト・コレクション、ギブソンTV、ギブソン・アプリ、ギブソン・ギブス、そしてナッシュヴィルに新しくオープンしたギブソン・ガレージなどが含まれ、それらのプログラムはギブソンのファンベースをさらに広げ、音楽コミュニティ全体を再活性化させている。 ギブソンは、今後ギブソンG3のメンバー達と協力して、彼らの多彩な音楽を世界中のファンに広めていきたいと考えている。

日本から選出された“れん”は、2018年よりTikTokに自身が歌唱する映像などの投稿を開始し、およそ1年半前からギターの弾き語りを始める。TikTokを中心に、InstagramやYouTubeなど、SNS上での活動も活発に行っている。


▲れん

この記事をツイート

この記事の関連情報