井上苑子、FUJIMAKI GROUP CMの新CMソングを書き下ろし「素直さと暖かさを大事に」

ツイート

井上苑子が、8月14日より公開されるFUJIMAKI GROUPの新CMに新曲を書き下ろした。

今作CMは、第一弾CMで親子愛を描き“泣ける”と話題になったFUJIMAKI GROUPのCM第二弾。前作に続き、秋本帆華演じる父親の愛情に感謝しつつも素直になれない娘と、アキラ100%演じる不器用な父親の親子の“その後”の物語を描いている。また、映像にはTEAM SHACHIのメンバーも友情出演している。

井上苑子はこの新CMに対し、親子愛を描いたドラマと見事にシンクロする新曲を書き下ろした。どんな楽曲になっているか、CMでもチェックしてほしい。

井上苑子は「今回CMソングということでお話をいただき、井上苑子を選んでいただけて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。このCMは父娘の物語ということで、絵コンテをいただいたとき、実際にもあるような気まずさや、本音を言いづらい距離感に共感しました。ただそのなかでも、強い繋がりのある親子に私自身も心を動かされ、素直さと暖かさを大事にしたいなと思い、楽曲はシンプルなものにしました。映像と共に、音楽も楽しんでいただけると嬉しいです。」とコメントしている。

なお、CM公開と共にYouTubeではメイキングやフルバージョンの公開も予定している。





◆井上苑子 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報