八方不美人、新曲「沼」配信リリース&MV公開

ツイート

作詞家・及川眠子&作曲家中崎英也プロデュース の新宿2丁目発ドラァグクイーンによる本格派ディーヴァユニット 「八方不美人」が2021年8月14日(土)に新曲を早くも配信する。

◆八方不美人 関連動画&画像


今回は、メンバーのコメントにもある通り,沼のような男への愛憎をたっぷり詰め込んだ恨み節ソング!それでいて、八方不美人だからこそ歌えるどこか懐かしさも感じさせるような楽曲となっている。

また、配信と同時にミュージックビデオもYoutubeに解禁。今回のミュージックビデオには、レディ・ガガのバックダンサーを日本人として初めて務め、彼女のミュージックビデオにも出演した「IG」が出演/振付として参加。奥多摩の貯水池で、映像集団「エキゾチカ(監督:ホンマカズキ)」が手掛けた独特な世界観の中で繰り広げられる作品は楽曲タイトル通りにハマる映像となっているので、曲と共にご覧いただきたい。

■コメント

八方不美人2年ぶりの「恨み節ソング」。これまで何人もの沼男たちに煮え湯を飲まされてきた私、ありったけの想いを込めて歌いました……! 

沼男(もしくは沼女)にハマったことがある方もそうでない方も、ぜひそんな心の叫びをお聴きください! スペシャルゲストを迎えてのMVも必見です。──エスムラルダ


人生のそこかしこに突如現れる“沼”。

誰かを沼にはめさせていたはずが、気付けば自分の方がずっぽりとはまっている…なんていうことも。

そんな経験をお持ちの方もそうでない方も、是非この新曲を通して、“逃れられない沼にはまる快感”をご堪能くださいませ。──ドリアン・ロロブリジーダ


やっぱりこの手のドロドロ系マイナー調が似合うアタシ達。タイトルもズバリ『沼』!振り返れば沼のような恋愛しかしてこなかったあたしには、レコーディングの際も何とも言えない“しっくり感”がありました。

それでも「泥より出でて泥に染まらない」、凛とした蓮の花のような女装達の美しさに、楽曲・MVともに是非ご注目ください!!──ちあきホイみ

この曲は八方不美人の王道を行く曲ということで作りました。

八方は3人のユニットなのでそれぞれの個性を一曲の中に詰め込み少し懐かしい歌謡曲テイストにしてみました。

今回は今までの楽曲よりも力強く何回聴いても飽きのこない曲に仕上がってるのではと思います。──中崎英也(作曲・編曲)


八方不美人の楽曲に関しては、デビュー当初よりLGBTQだからドラァグクイーンだからという前提では詞を書いておらず、ともすればどこにでもありがちな恨み辛み妬み嫉みを主なテーマとしてきてます。今回はそういった意味で、彼らの「王道」をいく楽曲です。
美しさも醜さも汚さも全部ひっくるめての「愛」。自虐性も交えてそれらを歌として吐露することで、ほんの少しでいい、人生の沼で足掻いてる人たちの共感を得られればと願っています。──及川眠子(作詞)


「沼」

2021年8月14日(土)配信開始
(一部配信日が異なるサービスがございます)
作品タイトル:沼
作詞:及川眠子
作曲・編曲:中崎英也

◆八方不美人 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報