Ran、自身21歳のバースデイに初ライブ音源を配信リリース

ツイート

福岡県出身のシンガーソングライターRanが、自身21歳の誕生日となる8月9日に初ライブ音源『i20210302-band session-』を各サブスクリプションサービスにて配信リリースした。

◆Ran(ラン) 画像

同ライブ音源は、3月に渋谷WWWで開催した自身初バンドスタイルのワンマン公演<i20210302-band session->の模様を収録したもの。同公演のセットリストから10曲が厳選して届けられる。

10曲の内容は、ライブではお馴染みだが初リリースとなる「ビーナス」をはじめ、アンコールのゲストボーカルとして音源同様にセカイイチの岩崎慧が参加した「おれんじ」ほか既発曲、当日のMCもほぼすべて収録しているとのこと。バンマスの宮田“レフティ”リョウ(B)、香取真人(G)、北村真奈美(Key)、Yuumi(Dr)といったバックを支える演奏陣のサウンド&プレイも聴きどころだ。

初バンドスタイルによるパフォーマンスを映像ではなく、あえて音源だけで伝えるという手法は、ライブ当日の模様を想像しながら感じて欲しいというRanのメッセージが込められたことによるもの。

また、同作品からRan作品がBeingグループ内レーベルasistobeよりリリースされることも発表となっている。


■初ライブ音源『i20210302-band session-』

2021年8月9日(月)配信リリース
01. 華たち
02. 黒い息
03. 蘇生
04. 靡かない
05. ビーナス
06. 行方
07. 環
08. ねえ
09. おれんじ
10. ご飯の食べ方

この記事をツイート

この記事の関連情報