全英アルバム・チャート、デイヴが非連続2週目の1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、ロンドン出身のラッパー、デイヴのセカンド『We're All Alone in This Together』が先週の2位から再浮上し、非連続2週目となる1位を獲得した。同作は先々週、初登場で1位に輝いていた。

◆全英チャート 関連画像

代わって、先週トップだったビリー・アイリッシュの新作『Happier Than Ever』は2位に後退。英国人のシンガー・ソングライター、ウィル・ヤングの8枚目のスタジオ・アルバム『Crying On The Bathroom Floor』が3位に初登場した。

今週はこのほか、バーブラ・ストライサンドの未発表やレアな曲を集めたコンピレーション・アルバム『Release Me 2』が5位、ブライアン・メイが再リリースしたソロ・デビュー・アルバム『Back To The Light』(オリジナルは1992年発表)が7位、英国人のラッパーFredoのサード『Independence Day』が9位にチャート・インしている。メイの『Back To The Light』は1992年、6位に初登場していた。

また、50周年記念エディションが発表されたジョージ・ハリスンの3枚目のスタジオ・アルバム『All Things Must Pass』(1970年)が6位に再エントリーし、50年ぶりにトップ10入りした。同作は1971年、8週連続で全英1位に輝いた。



シングル・チャートは、エド・シーランの「Bad Habits」が7週連続で1位を獲得。今週は動きが小さく、トップ3は先週と変わらず、ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの「Stay」が2位、Jonasuの「Black Magic」が3位をキープし、新たにトップ10入りした新曲はなかった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報