ザ・キュアー、ベーシストのサイモン・ギャラップが脱退?

ツイート

ザ・キュアーの長年のベーシスト、サイモン・ギャラップが、バンドを脱退したようだ。

◆ザ・キュアー画像

彼は週末(8月14日)、「やや悄然としているが、僕は最早、ザ・キュアーのメンバーではない。彼ら全員にグッド・ラック…」とのメッセージをFacebookに投稿した。

『Rolling Stone』誌によると、1ファンから健康状態が理由かと問われると、ギャラップは「僕は元気だ…裏切りにウンザリしただけ」と答えたという。

バンドおよびフロントマンのロバート・スミスからコメントはなされていない。キーボード奏者のロジャー・オドネルは同日、「友達から言われた。ロル(1976~1989年に在籍したローレンス・トルハースト/Dr,Key)がギター・センターでベースを買うところを見たと???????」とつぶやいたが、彼はその後、「キュアーのファンがユーモアのセンスがないって、誰が言った?」と付け加えている。





ギャラップは1979年にザ・キュアーに加入し、1982年に一度脱退したが、1984年に再加入後ずっとバンドに在籍してきた。スミスに次ぎ最も長くザ・キュアーに在籍するメンバーで、2019年にロックの殿堂入りした。

ロバート・スミスは6月、ザ・キュアーのニュー・アルバムが完成間近だと伝えていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報