ミッチェル和馬(INTERSECTION)、満島ひかりを迎えた新曲「Drown」リリース

ツイート

INTERSECTIONのメンバー・ミッチェル和馬が新曲「Drown」を発表した。

◆関連画像

「Drown」は満島ひかりをフィーチャリングアーティストに迎えた楽曲となっており、今までの和馬ソロプロジェクトの音楽性を踏襲しつつも、満島のボーカルが楽曲を彩り、また新しい音楽性の幅を広げている。和馬は共通の知人を通して、音楽の話で意気投合した満島に楽曲参加をオファーし、今作の実現に至ったという。



▲満島ひかり

楽曲は和馬自身が作詞作曲に携わったセルフプロデュース作品で、タイトル“Drown(訳:溺れる)”の通り“感情に溺れる”といったテーマで制作。運命的、衝動的に惹かれ合い、深すぎる愛情に溺れた男女の恋愛にも、自分自身に対する様々な感情があふれ溺れていく様にも捉えられるストーリーが展開される。

今作はオルタナティブな世界観だが、決してストレートではない楽曲展開でアートな表現に振り切った作品となっており、ミュージックビデオの公開も予定されている。

   ◆   ◆   ◆

■Kaz コメント

この曲はもともと
EPのinterludeとして制作していた楽曲でした。
そのデモを(満島)ひかりさんに聴いて頂く機会があり、一緒に歌ってもらえないかお願いしたところ楽曲に参加頂けるということになったので1曲として成立するように楽曲に仕上げました。

ひかりさんの歌声が入ったことで僕ひとりでのストーリーが美しく彩られ「ふたりの会話」のようになり完全に新しい物になりました。

曲のメッセ―ジとしては感情に溺れることを表現していて、
それが対象者のいる恋愛なのか、自分自身にしか分からない自分への強い想いなのかそれは聴く人によって受け取り方が違って良いと思っています。

あまり説明するのでは無く
感情の波に溺れる様を、聴く方が自分なりの解釈で
感じとって頂ければ嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆

また、新曲リリースとあわせて、初のEP「CODE LOVE」のリリースも発表。こちらは全曲セルフプロデュース作品となっている。


■リリース情報

「Drown feat. Hikari Mitsushima」
配信サイト:https://avex.lnk.to/DrownKaz_WW

◆ミッチェル和馬 オフィシャルInstagram
この記事をツイート

この記事の関連情報