フェンダー、King Gnu 常田大希・新井和輝の初のシグネイチャーモデルを先行予約開始

ツイート

フェンダーが、King Gnuやmillennium paradeのメンバー常田大希と新井和輝の初のシグネイチャーモデル「Daiki Tsuneta Swinger」と「Deluxe Jazz Bass(R) V, Kazuki Arai Edition」の先行予約を開始。 両製品とも2021年限定生産となり、10月下旬より販売開始を予定している。

<Daiki Tsuneta Swinger>


常田大希のシグネイチャーギター「Daiki Tsuneta Swinger」は、日本製Swingerをベースに大幅なカスタマイズを施したモデル。24インチスケールとバスウッドの軽量なボディーの組み合わせによる快適な演奏性と、メタルカバーのソープバータイプピックアップによる太く腰のあるサウンド。完成以来ほぼ全てのレコーディングとステージで使用されるほど本人の信頼を得ている。さらにブリッジには専用のシンンクロナイズドトレモロと、激しいアーミングにも安定したチューニングを保つロック式チューナーを搭載し、より自由な表現を可能にしている。







●常田大希コメント
「まさかフェンダーから自分の楽器が出るとは思ってもいなかったので、めちゃくちゃ嬉しいです。子供の頃の常田少年に教えてあげても信じないでしょう(笑)。小ぶりだけどハイパワーでチューニングの安定感と歪みのノリが抜群なギターに仕上がってます。珍しいSwingerのボディーとオリジナルのピックガード、それにシンプルかつ小洒落たカラーにも拘りました。サイズ感が小ぶりだから、 男女ともに似合うと思うし、カッティングを楽しんだり、ギャンギャンに歪ませたり、ぶん投げたり、部屋に飾ったり。この子は何をどうしてもかっこいいでしょう。」

<Deluxe Jazz Bass(R) V, Kazuki Arai Edition>


新井和輝のシグネイチャーベース「Deluxe Jazz Bass V, Kazuki Arai Edition」は、 2021年に日本製にて復刻され大きな反響を得た「Made In Japan Deluxe Jazz Bass V」を元に、 本人の理想を注ぎ込みアップグレードを施したモデル。

アクティブ回路をメインに使用しながらもパッシブのナチュラルな響きを追求し、ローステッドメイプルネックに厳選されたローズ指板を採用。薄く吹かれたニトロセルロースラッカーが高級感と共にこだわり抜いた木材の鳴りを最大限に引き出す。本人監修により実現したオリジナルシェイプのグリップと小ぶりなボディーはこれまでの5弦ベースになかった高い演奏性を実現。ヴィンテージの風合いを再現した粒子の荒い2カラーサンバーストとヴィンテージナチュラルの2色をラインアップし、それぞれ本モデル限定のピックガードを搭載。さらにネックプレートには、 本モデルのために起こしたオリジナルデザインが刻印。プレーンのネックプレートも付属され、ファンだけでなく全てのベースプレイヤーに届けたいという新井氏本人のこだわりが詰め込まれたモデルとなっている。







●新井和輝コメント
「僕にとってフェンダーは、すべての音楽の基盤となっているサウンドで、ルーツそのものです。今回フェンダーで自分のモデルが作れるなんて、ミュージシャン冥利に尽きる最高な時間でした。今まで使っているFender American Deluxeを基に、我が儘を全て詰め込んだ一本に仕上げることができました。初めて5弦を弾く人からプロフェッショナルまで色んな人に是非弾いてみて欲しいです。」

製品情報

Daiki Tsuneta Swinger / 165,000円 (税込)
Deluxe Jazz Bass V, Kazuki Arai Edition / 275,000円 (税込)
https://www.fender.com/ja-JP/fender-jp-features/dealer-list-2020
予約開始日:2021年8月17日(火)
販売開始日:2021年10月下旬(予定)
この記事をツイート

この記事の関連情報