ブルース・ディッキンソン、メタリカの『ブラック・アルバム』を絶賛

ツイート

アイアン・メイデンのフロントマン、ブルース・ディッキンソンが、メタリカのセルフ・タイトルが付けられた5枚目のスタジオ・アルバム、通称『ブラック・アルバム』(1991年)を「俺らの誰もができなかったことをメタリカはやった」「このアルバムでのメタリカの功績を過小評価すべきではない」「メタルをメインストリームに押し上げた」などと、称賛した。

『ブラック・アルバム』のリリース30周年を記念し、『Classic Rock』誌が組んだ特集で、ディッキンソンはこう話した。「俺ら自身、それにジューダス・プリーストやパンテラは、次の段階にステップアップするチャンスのある岐路に立った。でも、俺らの誰にもその度胸がなかった。メタリカはやったんだ。チャンスが巡ってきたとき、それをガッチリつかんだ彼らのことは大いに称賛せねばならない。彼らはいちかばちかやってみて、それに値する大きな成果を得た。このアルバムでのメタリカの功績を過小評価すべきではない」

「全てが上手くいった影響力の大きいアルバムの1枚だ。とてつもなく良くプロデュースされた作品だ。アルバムのどの音も完全にコントロールされている。彼らのやり方、彼らがやったことに俺は敬服している。そして、すごく効果的だ。間違いなく、メタルをメインストリームに押し上げる助けとなった」

コントロールされるのが嫌いなアイアン・メイデンには作れないアルバムだとも付け加えている。

『ブラック・アルバム』は30周年を祝い、9月10日にリマスター盤がリリースされると同時に、53アーティストが参加した同作のカヴァー・アルバム『The Metallica Blacklist』も発表される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報