LOVEBITES、ベーシストmihoの脱退とバンドの活動休止を発表

ツイート


ヘヴィ・メタル・バンドLOVEBITESが本日8月17日(火)、ベーシストのmihoの脱退と、それに伴うバンドの活動休止を発表した。

LOVEBITESは、2016年、ヴォーカリストのasami、ギタリストのmidoriとmiyako、ベーシストのmiho、ドラマーのharunaにより結成された女性5人組のへヴィ・メタル・バンド。2017年5月にEP『THE LOVEBITES EP』でデビューし、翌2018年には、英国のメタル専門誌『メタルハマー』主催の権威ある「Golden Gods Awards」にて新人賞を受賞し、ドイツの世界最大級のメタル・フェスティヴァル<WACKEN OPEN AIR>に日本人女性バンドとして初めて出演を果たした。2019年には、<SUMMER SONIC>や<DOWNLOAD FESTIVAL UK>をはじめ国内外のさまざまなビッグ・フェティヴァルに出演。また、2020年発表の3rdアルバム『エレクトリック・ペンタグラム』は初のオリコン総合トップ10入りとなる9位に輝き、同年7月のライヴ作品『ファイヴ・オブ・ア・カインド ~ライヴ・イン・トーキョー2020』はオリコン音楽Blu-rayチャート1位を獲得、今年3月にはミニ・アルバム『グローリー、グローリー、トゥ・ザ・ワールド』をリリースしBillboard JAPANの総合アルバムチャートで10位にランクインした。

そんな彼女たちだけに今回の発表はシーンに衝撃を与えるが、mihoとバンド、それぞれがコメントを寄せている。

  ◆  ◆  ◆

【mihoからのコメント】

ファンの皆様へ

本日2021年8月17日をもって、私mihoはLOVEBITESを脱退いたします。本来であればライブの場などで、これまでお世話になったファンの皆様に私の口から感謝の気持ちと共に直接ご報告させていただきたかったのですが、このような形での突然のお報せとなってしまい申し訳ありません。

ここ数年の環境変化によってアーティストと音楽の関わり方・表現方法の変化が余儀なくされる中で、改めてこれからの自分自身の人生について思い悩み、じっくりと考えた結果今回このような決断に至りました。

2016年にLOVEBITESが結成されてから約5年の間、メンバーやスタッフ、そして何よりサポートしてくださったファンの皆様のおかげで、夢だったWACKEN OPEN AIRへの出演をはじめ、これまでの人生における最高の景色をたくさん見ることができました。心から感謝しております。私個人としては、これからもヘヴィ・メタルを愛し続けていきますので、またどこかで皆様のお目にかかることがあれば幸いです。

私は本日をもって離れますが、LOVEBITESはこれからも続いていきますので、変わらぬ応援をどうぞよろしくお願いいたします。今まで応援していただき、本当にありがとうございました。

miho

  ◆  ◆  ◆

【LOVEBITESからのコメント】

ファンの皆様へ

いつもLOVEBITESを応援してくださり、本当にありがとうございます。

この度、ベーシストのmihoがLOVEBITESより脱退することを皆様にお伝えしなければならなくなりました。ファンの皆様、また関係者各位には大変残念なご報告になりますこと、心よりお詫び申し上げます。

mihoより脱退の相談を受けて以降、残留の道を模索すべく、メンバーとスタッフで幾度となくミーティングを重ねてきましたが、最終的には本人の意思を尊重する結果となりました。

ファンの皆様のことを思うと、心が痛くて言葉になりません。

大変心苦しい決断にはなりますが、これをもってLOVEBITESとしての活動をしばらく休止させて頂きます。ただ、私たちは必ず帰ってきます。その時まで待っていてください。

これからのLOVEBITESの未来、そしてmihoの未来への応援をどうぞよろしくお願い致します。

LOVEBITES
asami、midori、miyako、haruna

  ◆  ◆  ◆

なおLOVEBITESは、今年春に行なった<RIDE FOR VENGEANCE TOUR 2021>での東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の模様を完全収録したライヴBlu-ray/DVD/2CD『ヘヴィ・メタル・ネヴァー・ダイズ ~ライヴ・イン・トーキョー2021』のリリースを9月29日(水)に控えている。このツアーは、mihoを含むオリジナル・メンバー5人での最後のツアーとなった。

この記事をツイート

この記事の関連情報