ザ・キラーズ、ニュー・アルバムが7作目となる全英1位の見込み

ツイート
Photo by Danny Clinch

先週リリースされたザ・キラーズの新作、通算7枚目のスタジオ・アルバム『Pressure Machine』が、金曜日(8月20日)発表される全英チャートで初登場1位を獲得すると見られている。週半ば(16日)の集計で、『Pressure Machine』のセールスは、トップ5に入る他の4作の総売上を上回っているという。

本国アメリカより早く英国で人気に火がついたザ・キラーズは、デビュー・アルバム『Hot Fuss』(2004年)から前作『Imploding The Mirage』(2020年)まで6枚のスタジオ・アルバム全てが全英1位に輝いている。初期3作『Hot Fuss』『Sam’s Town』『Day & Age』は100万枚のセールスを突破した。

アメリカでは全6作がトップ10入りし、5枚目のスタジオ・アルバム『Wonderful Wonderful』(2017年)が1位を獲得した。

フロントマンのブランドン・フラワーズによると、ザ・キラーズはすでに、さらなるニュー・アルバムの制作を考えているそうだ。

現地時間、金曜日夜に発表される新チャートでは、ザ・キラーズほか、ジョシュ・ロイドとトム・マクファーランドによるプロデューサー・ユニット、ジャングルのサード・アルバム『Loving In Stereo』がトップ10に初登場しそうだという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報