ブリンク182のトラヴィス・バーカー、事故後初のフライトに「彼女となら何でもできる」

ツイート

先週末、2008年に起きた飛行機事故以来、初めて空の旅を体験したブリンク182のトラヴィス・バーカー(Dr)が、これができたのは、交際中のカーダシアン一家の長女コートニーのおかげだとコメントした。

◆トラヴィス・バーカー画像

バーカーは、土曜日(8月14日)、コートニー、彼女の母クリス・ジェンナーらと共に、ロサンゼルスから休暇先のメキシコへ向け飛び立った。コートニーの異父妹カイリー・ジェンナー所有のプライベート・ジェットを使用した。

バーカーは火曜日(17日)ジェット機の横でコートニーを抱き上げる写真をSNSに投稿し、「君となら、何でも可能 @kourtneykardash」とのコメントを付けた。コートニーはこれに「何でも、全て、あなたと一緒」と返信している。

また、友人のベニー・ブランコは「君が飛行機に乗ったなんて、信じられない!!! 君のこと、すごく誇らしい!!! これは、本当にコートニー・カーダシアンのおかげ!!! 魔法をささやく人!!!」とコメントしている。



事故から約13年が経ち、バーカーは今年春、インタビューで「(空の旅が)できるようにならないと」「挑戦し、克服するほうを選択したい」と話したり、6月には「また飛行機に乗るかも」とつぶやいていた。

長年友人関係にあったというバーカーとコートニーは今年1月、交際していることが公となり、以降、SNSでラブラブな様子をオープンにしてきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報