全英トップ10ヒットを記録した前作から2年、ザ・ダークネス7th AL完成

ツイート

ザ・ダークネスはニュー・アルバム『Motorheart』を2021年11月19日(金)、Cooking Vinylよりリリースする。

◆ザ・ダークネス 関連動画&画像


ダン・ホーキンスがプロデュース、エンジニア、ミックスを手掛けたこの作品は、全英トップ10ヒットを記録した前作『Easter Is Cancelled』から2年振り、通算7枚目のアルバムとなる。ファースト・シングルはタイトル・トラック「Motorheart」で、「これまでのどの曲よりも激しい。この曲は私をハッピーにする。自信を持って音量を上げ、私のスイスにある家は、その土台から揺れる。ダンはプロダクションで素晴らしい仕事をした。この曲は、あなたの化粧を落としてしまう。しかし、耳から耳へと通り抜け、あなたはグリニング・スカル(笑っているように見えるむき出しの頭蓋骨)となる。楽しんでくれ」とジャスティンは同曲について語る。

ザ・ダークネス は2000年、英サフォークにて結成された。メンバーはヴォーカル&ギターのジャスティン・ホーキンス、ギターのダン・ホーキンス、ベースのフランキー・ポーレイン、ドラムのルーファス・テイラーの4人。ジャスティンのハイトーン・ヴォーカルを軸に、AC/DC、クイーン(ドラムのルーファスはクイーンのロジャー・テイラーの息子)、エアロスミス、レッド・ツェッペリンなど70年ハード・ロックに影響を受けたサウドンを鳴らす。2003年、デビュー・アルバム『Permission to Land』をリリースし、UKチャートの1位/USチャートの36位を獲得。アルバムからは5枚のシングルがリリースされ、「I Believe in a Thing Called Love」はUKシングル・チャートの2位を獲得。翌2004年、バンドはブリット・アワードで、ベスト・グループ、ベスト・ロック・グループ、ベスト・アルバムの3部門を受賞。ケラング・アワードではベスト・ライヴ・アクト、ベスト・ブリティッシュ・バンドの2部門を受賞した。

2005年にセカンド・アルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースするも、翌2006年、ジャスティンが脱退し、バンドは事実上の解散となる。2011年、再結成。2012年にサード・アルバム『Hot Cakes』をリリースし、UKチャートの4位を獲得。2015年には4枚目のアルバム『Last Of Our Kind』(UKチャート12位)、2017年には5枚目のアルバム『Pinewood Smile』(UKチャート12位)をリリース。2019年の6枚目のアルバム『Easter Is Cancelled』は、UKチャートの10位(同ロック/メタル・チャートでは1位)を獲得した。


『Motorheart』

2021年11月19日(金)
OTCD-6841[CD] ¥2,500+税
世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Welcome Tae Glasgae
2. It's Love, Jim
3. Motorheart
4. The Power and the Glory of Love
5. Jussy's Girl
6. Sticky Situations
7. Nobody Can See Me Cry
8. Eastbound
9. Speed of the Nite Time
10. You Don't Have to be Crazy About Me...But it Helps*
11. It's a Love Thang (You Wouldn't Understand)*
12. So Long*
13. The Age of Darkness*
*日本盤ボーナス・トラック

◆ザ・ダークネス オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報