デイヴ・ムステイン、メタリカ解雇後、家に戻る長距離バスの中で「メタリカ以上にメタルなバンドを作る」と決意

ツイート

Gibson TVが、メガデスのフロントマン、デイヴ・ムステインを取り上げた『Icons』シリーズ最新エピソードの予告編を公開した。本編は現地時間8月19日(木曜日)にYouTubeのGibson TVチャンネルで公開される。

◆デイヴ・ムステイン画像、動画

予告編では、ムステインが1983年4月、メタリカを解雇され、家に戻るため乗り込んだニューヨーク発ロサンゼルス行きの長距離バスの中で何を考えていたか語る部分がフィーチャーされている。

「ニューヨークからのドライブは長かった。長くなるのはわかってた」というバスの中で、ムステインは「いっぱい自己考察していた」という。「俺はギターをプレイしたかったのか? 俺はこれを続けたかったのか? これから何をしたいんだ? わかったよ。俺はメタリカ以上にメタルなバンドを作る」

ムステインはまた、メタリカ初期のツアー中、彼がメンバーを乗せ運転しているとき起きた自動車事故について触れ、「俺は多分、あの前に脱退するよう定められていたのかも。運命っていうのはあるだろ。それに、俺ら4人は才能に溢れていたが、自我が強かったのも事実だ。俺ら、生き延びることができたか、俺はわからない。どこかの時点で爆発みたいなものが起きる運命だったんだ」と話した。


『Icons: Dave Mustaine of Megadeth』は日本時間20日午前2時に公開される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報