【メールインタビュー】Super Break Dawn、ついに新体制初ワンマンツアー開幕へ。最大の強みは“変幻自在”

ツイート

2021年に結成3周年を迎えたボーカルダンスユニット・Super Break Dawn(以下、SBD)が、新体制初となるワンマンライブツアー<「Leap Of Dawn」~新たな幕開け~>を東阪2公演で開催する。今春に新メンバー4人が加入し、8人体制になった彼らは一度の公演延期を経験しながらも新体制ワンマンに向けて並々ならぬ鍛錬を重ねてきた。

これまでの軌跡が凝縮されたセットリストに加え、新曲2作の初披露や様々な試みを交えて最高のパフォーマンスを目指すSBDの8人。ライブまで残り1週間に迫った今、BARKSではメールインタビューから彼らの意気込みをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

■悔しい思いも沢山しました。
■だからこそ、皆さんに感謝の気持ちを伝えながら最高のワンマンに


──まずはお一人ずつ自己紹介をお願いいたします。

KOTA:リーダーでパフォーマーのKOTAです!

TAKUYA:はじめまして!Super Break DawnのボーカルをしていますTAKUYAです!

HIRO:SBDのボーカルのHIROです!

TAKA:SBDボーカルのTAKAです。

RYO:はじめまして! SBDサブリーダーでパフォーマーのRYOです! よろしくお願いいたします!

KOTARO:SBDパフォーマーのKOTAROです。

YUTO:パフォーマーのYUTOです!

YONG:BARKSをご覧の皆さん、SBDのRap&Performer YONGです! よろしくお願いいたします!

──よろしくお願いいたします。さて、いよいよ9月19日(日)東京公演から<「Leap Of Dawn」~新たな幕開け~>がスタートしますね。グループにとって新体制初のワンマンライブとなりますが、公演直前となった現在の心境はいかがでしょうか。

KOTA:去年5人で初のワンマンライブを開催して少しは波に乗れた状態でのコロナ禍で活動が阻まれて、そこで新体制の8人での活動が始まり、中々上手く活動が出来なかったのでやっと開催できるのが嬉しいです。今はすごい楽しみにしてます!

TAKUYA:いよいよなんだなっていうのと、ファンの皆様にようやくこのワンマンライブを届けてあげる事ができるんだなっていうのが率直な感想です。というのも元々このワンマンライブは4月と5月に開催の予定でした。ですが、今の世の情勢を考慮して一度延期という形をとらせてもらったんです。

正直悔しかったです。せっかくその日の為に時間や予定を空けて待っててくれたファンの皆様を待たせる事になる。その当時は開催したい思いは強くありました。ですがファンの皆様の安全が何より大切でそれ以上のモノはないと判断しました。今も大変な世の中にはもちろん変わりはありません。ですが一度延期というチャンスを与えて下さったファンの皆様の為にも、そして大変な中にも関わらずそれでも僕達の為に会場に足を運んで下さるファンの皆様の為にも、精一杯期待に応えてあげたいし、何よりこの日は皆様にとって一生忘れられない日にしたい!! "やっぱSBDを応援してて良かった!"とか、"これからもこの人達に着いていきたい!"そんな風に思ってもらえる一日にしたい。そして新体制として初のワンマンライブなので、このワンマンをきっかけに僕達の今後の目標とする場所やビジョンの可能性がみえていくような、そんなライブにしたいです。

▲TAKUYA

HIRO:新体制になってから約1年半、5人の時に開催したファーストワンマンよりもさらにパワーアップしたSBDを魅せたいと思っているので是非会場に足を運んで頂けたら嬉しいです!

TAKA:このご時世の中ワンマンライブを開催できることにとても感謝していますし、そこに足を運んでくださるお客様にも本当に感謝しています。安心してLIVEを見ていただけるよう感染対策には十分心がけてやっていきたいと思います。新体制初ということでもあるのでこの8人になったSBDの集大成をワンマンライブで思う存分発揮出来ればいいなと思いますSBDワンマンツアーを最高なものにします!!!

RYO:僕は約1年半前にSBDの新メンバーとして加入させてもらいました!
振り返るとこの一年半は昨今の情勢もあり僕達のアーティスト活動にもかなりの影響がありました。新体制での初ライブは無観客ライブだったりワンマンライブは延期になってしまったり、他にも悔しい思いを沢山しました。もちろん色々な悔しい思いを経験したのは僕達だけではなく、世界中の人々が同じだと思います。だからこそ、今日まで応援し続けてくれたファンの皆さんや僕達に関わって下さった周りの方々にはとても感謝しています! 1度は延期してしまったワンマンライブですが、今度こそ皆さんに感謝の気持ちを伝えながら一緒に楽しんで最高のワンマンライブにしたいと思います!

▲RYO

KOTARO:なかなか開催が難しい状況だったり、一度延期させていただいたりもしましたが今回やらせていただくからには見に来てくださる方に、最高だったとか嫌なことを忘れられる時間だったとかダンスをしたくなったとかなんでもいいので見てくださる方一人一人に何かを伝えることのできる、何かを感じ取っていただけるようなそんな時間を作っていけたらなと思っています。

▲KOTARO

YUTO:僕は新メンバーとして加入してから初めてのワンマンライブなのでとてもワクワクしてます! この一年半思うように活動出来なくて辛い時期もありましたが支えていただいたファンのみなさん、会社、関係者、家族、そしてメンバーのみんなに感謝を込めて全力で挑みたいと思います。こういう情勢の中で開催できることは当たり前じゃなく、延期も経てこうして開催できることとても嬉しく思います! 初披露曲、初出し曲、普段なかなかやらない曲など沢山用意してますので、ぜひ足をお運び頂けたら幸いです! 今の全力のSBD、そしてYUTOをお見せします!

▲YUTO

YONG:元々4月と5月に開催予定だったのが延期になってしまってもどかしさと悔しさがあったのですが、それをこの4ヶ月間がプラスに変えられた期間だったと思います。この期間に学んだ事、吸収した事、授かった事、そしてグループに加入して手にした物全てを持ってメンバーそして来て下さる皆さんと共に"挑戦"しに行きたいと思っています。余談ですがこの「Leap Of Dawn」というタイトルは全体ミーティングの際に自分がアイディアとして出したものでこれに決まった時は密かに凄く喜んでました(笑)その分思い入れのある今回のライブ必ずいいものにしたいです!

▲YONG

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報