私立恵比寿中学の星名美怜、涙をこらえながら語ったエビ中の激動

ツイート

アイドルの生い立ちや今をロングインタビューで追いかける“読むアイドルマガジン”こと『IDOL AND READ』の最新刊 第28号が8月25日(水)に発売される。表紙巻頭を飾るは私立恵比寿中学(エビ中)の星名美怜だ。

◆『IDOL AND READ』第27号 画像

悪性リンパ腫が寛解と診断されて安本彩花がグループに復帰し、13〜15歳のフレッシュな3人を加え、9人体制初の新曲「イヤフォン・ライオット」もサブスク解禁されたエビ中から、出席番号7番の星名美怜が登場。

生い立ちをはじめ、6人体制時代に築かれた結束、新メンバーに伝えたいこと、これまでのエビ中の激動や音楽性の変化についてなど、何度も涙をこらえて声を激しく震わせながら、前を向いてしっかりと話してくれた2万字インタビューは、クライマックスだらけの内容だ。


裏表紙と第2巻頭には、9月から全国アリーナツアーがスタートする日向坂46より山口陽世が登場。2020年2月に新三期生として加入した山口は、アイドル界屈指の野球の腕前の持ち主だ。プロ野球名球界入りしているアレックス・ラミレスも、日向坂46の「君しか勝たん」の個人PVで共演した際、彼女の投球にびっくりしたほど。その山口が、野球との出会いを含む生い立ち、坂道研修生時代のこと、日向坂46について、たっぷりと語る。

さらに同号には、7月に富士急ハイランド・コニファーフォレスト 3DAYSの規模で実施された野外ライブイベント<W-KEYAKI FES. 2021>から、櫻坂46と日向坂46が初共演を果たした最終日のステージをレポート。このほか、毒舌キャラで知られるNGT46の中井りか、1年半ぶりの新曲で表題曲初選抜入りを果たしたAKB48の横山結衣、ZOCの新メンバー鎮目のどか等のディープなインタビューなど幅広いコンテンツが届けられる。



■『IDOL AND READ』第28号

2021年8月25日(水)発売
・cover:星名美怜 [私立恵比寿中学]
・back cover:山口陽世 [日向坂46]
▼live report
<W-KEYAKI FES. 2021>
▼personal interview
中井りか [NGT48]
横山結衣 [AKB48 Team 8 / Team K]
鎮目のどか [ZOC]
愛来 [アメフラっシ]
桜ひなの [いぎなり東北産]
鈴木遥夏 [ラストアイドル / LaLuce]
MEW [ミームトーキョー]
楓フウカ [クマリデパート]
秋本帆華&大黒柚姫 [TEAM SHACHI]

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報