Wienners、音楽やライブハウスへの感謝とメッセージを歌う「GOD SAVE THE MUSIC」配信リリース

ツイート

Wiennersの新曲「GOD SAVE THE MUSIC」が8月27日(金)0時に配信リリースされる。

◆関連動画、画像

「GOD SAVE THE MUSIC」はコロナ禍で音楽業界やライブハウスシーンが大きな打撃を受ける中、バンドマン、アーティスト達が助けられてきた音楽そしてライブハウスに対する感謝と、大変なときだからこそ自分が大切にしているものは自分の手で守ろうというメッセージを込めた楽曲となっている。

今作のアートワークは、アイルランド出身の独立系2Dアニメーター/イラストレーター・Speedoru(スピードル)が担当。元々WiennersのファンだったSpeedoruが、Wiennersのキャッチーでクレイジーな音楽性と音楽愛溢れるメッセージに共鳴し、コラボレーションが実現した。


▲「GOD SAVE THE MUSIC」

8月27日(金)0時には、Speedoruがアニメーションを担当した「GOD SAVE THE MUSIC」のミュージックビデオもYouTubeでプレミア公開される。

2021年8月27日(金)0:00~公開

   ◆   ◆   ◆

■「GOD SAVE THE MUSIC」Wienners 玉屋2060% コメント

この曲は、元々去年コロナ禍で経営が困難に陥ってしまったWiennersの故郷のライブハウス(吉祥寺 WARP)を救う為に作って限定販売した曲です。僕らは音楽をやっているからライブハウスがコロナによって無くなってしまうかもしれない状況になった時、絶対に食い止めなくてはと思いました。それと同じように誰にでも失いたくない大切なもの、場所、人はあると思うのです。そしてそれを守るのは自分がそれを大切だと思う心、失いたくないと願うエネルギーと行動。我々が助けられてきた音楽、ライブハウスに対するWiennersなりの恩返しであり、自分の大切なものは自分の手で守ろうぜというメッセージを込めた曲です。

   ◆   ◆   ◆


■配信限定シングル「GOD SAVE THE MUSIC」

2021年8月27日(金)配信スタート
ダウンロード/ストリーミング:
https://lnk.to/godsavethemusic

◆Wienners オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報