ザ・ローリング・ストーンズ、北米ツアーを予定どおり開催

ツイート
Photo by Andrew Timms

チャーリー・ワッツ(Dr)を喪ったザ・ローリング・ストーンズだが、予定どおり来月終わりから北米ツアーを開催するようだ。

現時点、バンド側から正式なコメントはなされていないものの、『Rolling Stone』誌、『Ultimate Classic Rock』などによると、ツアーのプロモーターConcerts Westは「ザ・ローリング・ストーンズのツアーは計画どおり進められる」との声明を出したという。

パンデミックにより2020年5月から延期されてきた<No Filter>北米ツアーの新日程は、7月に告知され、その2週間後、チャーリーは医療処置を受けたばかりで休息と療養が必要なことからこれには参加せず、スティーヴ・ジョーダンが代理を務めると発表されていた。

9月26日にセントルイスで開幕し、11月20日までに13公演が開催される予定。

ザ・ローリング・ストーンズの公式サイト(Rollingstones.com)は、チャーリーの死後、彼の写真のみ目にできる状態で、ツアー日程などは確認できない。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報