フェンダーUS、人気動画コンテンツ『ARTIST CHECK-IN』にOKAMOTO'Sが登場

ツイート

フェンダーが世界中のFenderを愛用するアーティストが自宅やスタジオから思い思いの演奏を届ける動画コンテンツ『Fender Artist Check-In』に、日本人アーティストの2組目としてOKAMOTO'Sの出演が決定。9月2日よりFender US公式YouTubeチャンネルから配信を開始する(https://www.youtube.com/watch?v=ekCzvqlnnxs)。


『Fender Artist Check-In』には、これまでにジョニー・マー、クリス・シフレット(Foo Fighters、他)、ナイル・ロジャース、コリー・ウォン(Vulfpeck、他)、エリック・バートン(Black Pumas)、トム・ミッシュなど様々なジャンルのアーティストが登場し、それぞれのスタイルで楽曲や楽器演奏のコツを披露。2020年4月には、日本を代表するギタリストCharが登場し「I'm Here For You」を自身が愛用する1959年製 Burgundy Mist Stratocasterで披露している。

そして今回、日本人アーティストの2組目としてOKAMOTO'Sが登場。レコーディングスタジオから、2021年1月に発表した「Young Japanese」を披露する。
この記事をツイート

この記事の関連情報